« スピリチュアルに生きる(94) | トップページ | スピリチュアルに生きる(95) »

2010年11月10日 (水)

書評--さとりの授業

さとりの授業 アセンション時代を生きるために知っておきたい大切なこと 
阿部 敏郎 著
¥1365 ソフトバンククリエイティブ

阿部氏の本は「一瞬で幸せになる」についで2冊目

悟りを様々な方向から分り易く説明してくれています。
ただし、「悟り」は説明を超えた体験なので、説明には限界があります。
それでもかなり勉強になりました。

「自我と世界は本当はひとつのものです。世界とは自我の思いが投影された映像です」P34
「悟ろうと努力しているということは『今のままの自分ではダメだ』ということが前提になっている」P44
「未来を持っている限り、僕たちは決して幸せになりません。違う言い方をすれば、幸せでないから未来を持ち出すのです」P97
「長い歴史の中で、外側の世界を探し続けて宝に出会った人は一人もいません」P107

そして気づき

「エゴが一番好きなのは、霊性を高め、よりスピリチュアルな人間になっていくことです。(中略)それは他の人々よりも自分が優れているという感覚を与えてくれます」P14
なるほど、スピリチュアルな本を読み、知識を増やしてきたのはエゴのせいなのかも知れない、と気づきました。

さて、本のベースはブログなので、本を買うのがもったいない、という方はブログでもいけるでしょう。
http://abetoshiro.ti-da.net/

また、youtubeにもいくつか動画があります。
阿部敏郎&雲黒斎コラボ講演会 最初の20分 (前半)後半もあります。
http://www.youtube.com/watch?v=arhhGGlpyMc
「阿雲の呼吸」あの世も、この世もいまここだ。DVD予告編
http://www.youtube.com/watch?v=kL3Zr5f9WfU&feature=related
阿部敏郎@てぃーだスクエア講演会1.mov (続きもあります)
http://www.youtube.com/watch?v=kyU2EEAOGsU&feature=related

« スピリチュアルに生きる(94) | トップページ | スピリチュアルに生きる(95) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/49989574

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--さとりの授業:

« スピリチュアルに生きる(94) | トップページ | スピリチュアルに生きる(95) »