« スピリチュアルに生きる(91) | トップページ | スピリチュアルに生きる(93)--(90)の続き »

2010年11月 7日 (日)

スピリチュアルに生きる(92)--今がその時

悟りが将来にあるなら現在にもあるはずです。
「今・ここ」で悟れるはずです。

マスターたちの教え。
これまで私たちが「人生」と呼んできたものは「人生の状況」に過ぎない。
幸福を求めるのをやめると、これまで幸福であったことに気づく。

未来というのは存在するのでしょうか?
換言すれば”時間”というものが存在するのか、ということです。
スピリチュアル・マスターたちは「時間は存在しない」「今・ここ」がすべて、と説きます。

さて、悟りを開いていない&マスターでない私たちはどうする?というのが今回の課題。

未来は存在しない。過去も存在しない。あるのは「今・ここ」だけ。

私たちの時間の概念の拡張をしてみましょう。

マスターたちは過去も未来も同時に起こっている、と言います。
少し、この概念に近づいてみましょう。
過去・現在・未来が同時に起こっているなら、原因と結果も同時に存在します。
あるいはすべてが起こっているか、何も起こっていないかのどちらかです。
未来は無限の可能性があるのですから。

ビッグバンが起こったと仮定すると、それから現在まで137億年。
その前は?
時間というものがあったのでしょうか?
それとも、この宇宙だけに時間と空間が存在するのでしょうか?

時間の始まりがあると仮定すると、終わりも存在することになります。
ビッグバンから宇宙はずっと拡張をつづけ、やがて臨界点に達すると縮小すると言われています。
さて、この際、時間はやはり今までと同じように過去から未来へと流れるのでしょうか?

空間は上下左右前後と移動できるのに、時間が過去から未来へと、一方向に動いているように見えるのは何故でしょう?

もう一つ、時間が永遠に存在すると仮定します。
例えば、137兆年からすれば137億年なんてほんの一瞬。

過去も現在も未来もパラレルワールドですべてが同時に起きているというのはDVD1枚1枚がもう完結している映画、という例えを前に紹介しました。

私たちが直線的な時間の未来に向かって動いているのではない、というのがマスターの教え。
私たちは永遠の「今・ここ」にいて、直線でなく--もっと立体的な--上下左右前後から未来がやってくる、のだそうです。

未来を消しましょう。そういう”時間”は存在しません。
過去も同様。

「今・ここ」だけが真実だと考えると、未来という時間座標が「今」にやってくるのだというのは納得できます。
「ここ」という空間座標も同じ。たとえば、乗り物に乗っていて、乗り物が動くのでなく、周囲の景色が動くということです。

「今・ここ」以外のすべてを破棄してみましょう。
他の場所は幻想の中にしか存在しない。例えば最寄の駅は(駅が見えないとして)存在しない。
理論的には、今の瞬間に爆発しているかも知れない、ということです。
今以外の時間は存在しない。それは前の最寄り駅より現実味があるでしょう。
5分後の未来はどうなっているか分らない。突然の遺産相続の話があるかも知れません。

だから「今・ここ」に焦点を当ててみます。
「今・ここ」にしか真実はないとすると、他には真実はありません。

参考動画
ガンガジ~「今がその時」
http://www.youtube.com/watch?v=_kZ7tYwy9jE

« スピリチュアルに生きる(91) | トップページ | スピリチュアルに生きる(93)--(90)の続き »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/49959075

この記事へのトラックバック一覧です: スピリチュアルに生きる(92)--今がその時:

« スピリチュアルに生きる(91) | トップページ | スピリチュアルに生きる(93)--(90)の続き »