« スピリチュアルに生きる(97) | トップページ | スピリチュアルに生きる(98) »

2010年11月15日 (月)

書評--霊魂との交流 

◎霊魂との交流 <未験選書 15>
 -死後の世界を解明する- 

 ミヘネ・ゴンザレス・ウィプラー:著
 北澤恵・渡辺真理:訳
 定価/1,260円 (1,200円+消費税)

この未験選書シリーズは見えない世界を専門に扱っていて、類書にない切り口で勉強になる。我が家にも数冊ある。
シリーズの紹介は出版社のHPのこちら
http://www.shinko-sha.co.jp/site/prdct/list.php?ccode=8&PHPSESSID=e1a1fdaac01090463cbd68d1cc3ea96c

さて、第一部は死後の世界の証明のようなもの。
レイモンド・ムーディ「かいまみた死後の世界」などを読んでいる人はすんなり読める。
第二部は今まで読んだことのない魂の成長の物語。
最初は気体や液体として魂の成長はスタートするやがて、人間へ、そして守護霊へと。
この情報はどこから?ということが説明されていないので、どこまで本当なのか、疑問が残る。

« スピリチュアルに生きる(97) | トップページ | スピリチュアルに生きる(98) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/50036480

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--霊魂との交流 :

« スピリチュアルに生きる(97) | トップページ | スピリチュアルに生きる(98) »