« スピリチュアルに生きる(103)--(102)の続き | トップページ | 書評--悟りへの羅針盤 »

2010年12月26日 (日)

残念な書評

ここで紹介したことのある「豊かさを引き寄せるシークレット」
http://hass.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-1262.html
この著者であるジェームズ・アーサー・レイが、セミナーの最後の儀式の際に参加者2人が亡くなり、ジェームズが逮捕された、ということを知りました。

検索のてがかりはあまりありませんが、知りたい方は以下のURLあたりのキーワードをヒントに検索してみてください。

http://www.myspiritual.jp/2010/02/post-1093.html
http://dailycult.blogspot.com/2009/10/blog-post_20.html

僕が言いたいのは、逮捕されたから云々ではありません。
誤認逮捕もありますし、裁判で有罪が確定したということでもなければ全くの無実です。

しかし、思いました。
断食してネイティブアメリカンのような儀式をせねば「成功」することはできないの?
そんな儀式をしなくても誰でも成功できるようになるのが本当なのでは?
彼は参加者2人が亡くなる現実を引き寄せたの?
逮捕される現実を引き寄せたのは彼です。
ということで、紹介するにはあたらない書籍であるはず。
(既に僕はここで紹介してしまいましたので、それを取り消すのもこのブログにおいては僕の責任でしょう)

その後、彼がどうなったかネットでいろいろ検索しましたが見つかりませんでした。
(そういえば「脳内革命」の春山さんだったか?--破産した人はどうなった?--というのもありますが--勉強しようとおもってビデオもゲットしたことがあるのですが))

このブログの書評欄に書いたジェームズの書籍についてはまもなく削除します。

いろいろなことがあるものですね~

というか、ごめんなさい。逮捕されるような方の著書を紹介してしまって・・・

« スピリチュアルに生きる(103)--(102)の続き | トップページ | 書評--悟りへの羅針盤 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/50408641

この記事へのトラックバック一覧です: 残念な書評:

« スピリチュアルに生きる(103)--(102)の続き | トップページ | 書評--悟りへの羅針盤 »