« 残念な書評 | トップページ | 相談への回答(4) »

2010年12月27日 (月)

書評--悟りへの羅針盤

ONENESS ON THE EARTH―地上の楽園〈Vol.1〉悟りへの羅針盤
大矢 浩史 \1500
カルキセンタージャパン

「あなたは存在しない」
「幸福になるには自分の思考を手放す必要がある」
とか、ウームまたか・・・

悟りについてのいろいろなQ&A・説明なのだが
これは「悟りは努力でなく、与えられる」として
チャクラを開くための「ディクシャ」というものがあるらしい。

レイキで言えばアチューメントのようなものかも知れない。

”ディクシャコース”で検索すると、ヒーラーがディクシャもやっていたり、遠隔ディクシャがあったり。
(料金はどこかのセミナーのように高額ではない--レイキと同じ程度の感じ。)
まあ、早い話がその宣伝本ともいえます。

さて、2012年に地球の磁場の回転が3日ほど止まるようで、
それまでにディクシャコースで悟りを得た人が64000人を超えれば、残りの人は自動的に悟れるそうな。
ネットで調べればたくさんの人がディクシャを伝授しているようなので、僕は受けなくても大丈夫でしょう。

« 残念な書評 | トップページ | 相談への回答(4) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/50413870

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--悟りへの羅針盤 :

« 残念な書評 | トップページ | 相談への回答(4) »