« ACIM(7) | トップページ | ACIM(8) »

2010年12月12日 (日)

奥様は霊能者(18)

僕は奥様に、よくこう聞かれる。
「この(スピリチュアル系)の本の**という言葉は何?」
年間100冊以上の本を読む僕はイチイチそんなの覚えていない。
「読んだんでしょ?覚えていないの~?」
よほど良い本の印象に残る部分しか覚えていない。

「でも読んだんでしょ?」
一度読んだだけで覚えているものか~!
読んだ本を全部覚えているなら、僕は東大を卒業しているはずだし、外国語もペラペラなはずだ。
「では君は、マルチン・ルターが何年にどういう本を書いてどうしたか、高校時代に世界史の本を読んだんだから覚えているのかい?」
奥様は食い下がる。
「でも少しは覚えているでしょ?」
よほど良い本でないと覚えていないよ!

パワースポット(宣伝されているスポットでなく、彼女がパワーを感じる個所)に行った時にも、よくこう言われる。
「ここに立ってみて。波動が良いでしょ?」
うーむ、分からん・・・

そんな僕でも、たまに分る場所があります。
それは本当に良いエネルギーの場所なのでしょう。

« ACIM(7) | トップページ | ACIM(8) »

霊能力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/50283663

この記事へのトラックバック一覧です: 奥様は霊能者(18):

« ACIM(7) | トップページ | ACIM(8) »