« 書評--奇蹟を求めて | トップページ | 書評--なまけ者のさとり方 »

2010年12月23日 (木)

書評--覚醒への旅

覚醒への旅―瞑想者のガイドブック (mind books)
ラム・ダス (著), 萩原 茂久 (翻訳)
¥ 1,785 平河出版社

覚醒するには瞑想が一番。
ということで、タイトルにあるように、瞑想の入門書ですね。
瞑想について学びたい方にはとても勉強になります。
でも、それだけで覚醒できるかどうか・・・??
しかし、覚醒者たちの言葉の引用も多いので参考になります。

amazonのレビューを読むと、この本だけで「わたしは何者でもない、自由だ」と悟った?人がいますが・・・

さて、本の中にも引用されている「人生をやりなおせるなら」という詩を紹介しておきましょう。
http://www.green-japan.com/forum/1/topic/show/326

« 書評--奇蹟を求めて | トップページ | 書評--なまけ者のさとり方 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/50374674

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--覚醒への旅:

« 書評--奇蹟を求めて | トップページ | 書評--なまけ者のさとり方 »