« 書評(番外編)--イエスは語る | トップページ | 宇宙の真実セミナーメモ(51) »

2010年12月 1日 (水)

書評以前(2)

ACIM発売直前
まだ、購入検討中

ウィキペディアのACIMもそこそこ読みごたえがある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ACIM

この世は幻想。
過去も未来も存在しない。

これはどういうこと?

現在と未来と過去は同時に起こって、太古の昔に完了している、という。
私たちはそれを単に思い出しているだけ。

つまり、映画館で映画を見るように、どんな怖い映画でも、観客席にいる本当の自分は安全であることを分っている。
この世は幻想なのだから。

真実は愛のみ。それ以外は幻想。

過去も未来もないとすれば、何も起こっていない。
あるいはすべてが同時に起こっている。
原因と結果が一緒に存在し、すべては既に完結している。

私たちは生まれていない。生まれていないのだから死ぬこともない。
目の前の「現実」に見えるものはすべて幻想。

と言っても、美味しいものを食べたいし、旅行にも行きたいし・・・
それは「エゴ」と指摘されるとな~(というのもエゴの罠のようだが)

でも誰でもいつかは元の世界に戻る。早いか遅いかの違いだそうだ。
ACIMを学べば1000年位、真実を悟るのが短縮するのだそうな。

そういうことで、購入検討中。発売まであと3日。
(早い書店ではもう店頭に並べてあるかも)

PS
今日確認したら八王子の某大型書店では、まだ売っていませんでした。
本当に12月4日発売なのかも。

« 書評(番外編)--イエスは語る | トップページ | 宇宙の真実セミナーメモ(51) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/50180762

この記事へのトラックバック一覧です: 書評以前(2):

« 書評(番外編)--イエスは語る | トップページ | 宇宙の真実セミナーメモ(51) »