« 宇宙の真実セミナーメモ(51) | トップページ | 相談への回答 »

2010年12月 3日 (金)

宇宙の真実セミナーメモ(52)

最近の学びで気づいたこと。

自己実現に必要なのは、ポジティブな波動のみでなく、次のようなことです。
うまくいっていないのは実のことがまだできていないからかも知れません。

1)観念などを手放すこと。
2)判断しないこと。
3)自分が受け取ることを赦す。

===

自転車のサドルはカバーの下はスポンジでできています。
僕の自転車はカバーに穴があいているため、雨が降ると水が浸み込みます。
それを忘れて座ると、水が浸み出してきて、おしりが濡れます。
だから雨が降るときは、スーパーのレジ袋を被せています。

ところが、被せたままにしておくと、袋の隙から入り込んだ雨が蒸発しないのです。
晴れた日には袋を取らねばならなかったのです。

ふと、気づきました。
このレジ袋、私たちのエゴと似ているのでは、と?
袋を取るだけで良いのに、ずっと被せたまま。

ある本に書かれていた違うたとえ。
陽光の降り注ぐ中、窓をすべて閉ざし、外の世界を知らずに、ずっと暗い家の中で暮らしている。
ただ、窓を開ければ太陽の恵みが届くというのに。

セキュリティのしっかりしている豪邸は、外から見ると、どこか刑務所に似ています。
壁を高くし、外からの侵入を決して許さない。

エゴが創った壁を壊してみませんか?

エゴは”正しさ”を求めます。でも「正しさ」では幸福にはなれないのです。
エゴは私たちの本質でなくて、エゴ(肉体・感情・思考・欲望etc.)を守るために自己の存在を主張します。(だからエゴの主張は聞いてあげる必要はあります。エゴを壊すのでなく--それは必要だから--エゴが創った壁を壊すのです)

人には親切にせねばならない。
一生懸命に仕事をして稼がねばならない。
人に迷惑をかけてはいけない。
身体を鍛えねばならない。

子供の頃からずっとそうやって教えられてきました。
しかし、本当でしょうか?
これらはエゴの観念であるかも知れません。
マスターたちの教えはすべては一つ(ワンネス)です。
親切にしたり、迷惑な行為をしても、ワンネスなのだから正しいとか間違っているとかありません。
その行為がただ自分に返ってくるだけです。

あるいはそういう道徳的な行為をしていない人を非難することにつながります。
それは自分を非難することにも繋がります。
善悪を判断するのでなく、あるがままを受け容れるのです。

上があるから下がある。
プラスがあるからマイナスがある。
外側があるから内側がある。
悪があるから善がある。
不幸があるから幸福がある。
悲しみがあるから喜びがある。

片方だけ存在するのは不可能。
だったらすべてを受け容れよう。
と言っても、悪や不幸を見過ごそうというのではない。
判断を手放すのだ。

これは良いとかこれは悪いとかのジャッジをするのでなく、
すべては起こるべくして起こっている、すべてをあるがままに受け容れるということだ。

出来事を「良いこと・悪いこと」と判断するから、そう判断すべき出来事がやってくる。
判断を手放したとき、すべては完璧な出来事となる。

ネガティブ思考から逃れて頑張ってポジティブになろうとすることは、ネガティブな可能性を消し去ったわけではありません。
ネガティブな出来事そのものが存在しない、すべては自分のために起こっている、と信じるべきなのです。

マイナスの風水(どの方角に何を置く、でなくて、置いてはいけないものを取り除く、という考え方)と同様に心の中からマイナスを取る(浄化する)と良いことが起こる。
心の奥底で幸福の実現を邪魔していたからです。
私たちが本当に欲しいものを得られないのは心の奥底には本当は実現したくない、という欲求があるようです。
例えば「あまりラッキーなことがあると、その後に不吉なことがある」とかいう観念を持っていたとしたら、実現しません。

あるいは豊かさ。やってくるのを邪魔していただけなのかも知れません。
3億円がやってこようとしているのに、年収**万円の仕事にしがみついていたら、3億円が手に入らないことを証明しているようなもの。
受け取ることを自分に赦していないのです。創造主が与えてくれる豊かさに目を向けていないのです。
あるいは「自分だけがそんなに大金を手に入れて良いのか」という罪悪感。
願ったとおり、でなくて心の奥で信じていたとおりが実現します。そういう観念を一つずつ手放していくのです。

「自分が貧困に留まっても世界の貧困は救えません。しかし自分が裕福になれば救えるのです。」とある本にありました。

成功マニュアルの本を書いた人は私たちとは思考が異なります。
私たちが成功して、他の人も成功したら、自分の取り分が少なくなる、と思ってしまいませんか?
そうでなくて、本を書いた人たちは富は宇宙に無尽蔵にある、と確信しているから本がかけるのです。
成功する人と成功しない人の差はそこです。

まとめ
願ったことが実現しないのは、心の奥で自分に受け取ることを許していない、あるいは、実現を邪魔する思考や観念を持っているという宇宙からのメッセージです。

(さあ、僕も観念を浄化せねば・・・)

« 宇宙の真実セミナーメモ(51) | トップページ | 相談への回答 »

宇宙の真実」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/50197650

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙の真実セミナーメモ(52):

« 宇宙の真実セミナーメモ(51) | トップページ | 相談への回答 »