« 書評--悟りへの羅針盤 | トップページ | スピリチュアルに生きる(104) »

2010年12月28日 (火)

相談への回答(4)

某質問掲示板への回答(4)

心配事とか不安というのは、未来の可能性に目を向けているということです。
逆に言えば、現在の幸福に焦点をあてて「自分は幸福だ」という波動を発していない、ということです。
常に現在に目を向けてください。つまり、「今が幸せ」だから、将来、この幸せを失いたくない、ということですよね?
未来は不確実で可能性にしか過ぎません。今の幸福をじっくり味わうのです。

それでもどうしても不安を感じるのでしたら、その気持ちを拒否しないで、通り過ぎるままにするのです。
ネガティブな気持ちに抵抗すれば、おっしゃるように心配事を引き寄せる可能性が高まります。だから抵抗しないで、心配している自分をそのまま受け容れてしまうのです。「自分は心配だ」でなくて、「心配している自分がいるぞ」と自分を一歩高い次元から観察する立場になるのです。観察する視点にいけば、自分を見守るという高い波動を発していますから、心配な波動が離れやすくなります。

« 書評--悟りへの羅針盤 | トップページ | スピリチュアルに生きる(104) »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/50421177

この記事へのトラックバック一覧です: 相談への回答(4):

« 書評--悟りへの羅針盤 | トップページ | スピリチュアルに生きる(104) »