« 書評--空間からの物質化 | トップページ | 書評--「今この瞬間」への旅 »

2011年1月 9日 (日)

奥様は霊能者(19)

奥様との対話

僕「多くの本が”この世界は幻想”だと書いてある」
奥様「”幻想”って言葉は的確ではないような気がする」
僕「では、幻影とかイリュージョンかな? 悟った人はみんなそう言っている」
奥様「どっちでも良いけど、少なくともこの世界で死ぬまでは、ずっと私たちはその幻影とかイリュージョンに生きているんだよね?」
僕「それはそのとおり」
奥様「だったら、今、生きている幻想の世界をどう良くするか、が大切じゃないの?」

それはそうかも・・・。

幻想だ、と気づいたところで、ずっと幻想の世界に生きている・・・うーむ。

と言うべきか、奥様は高次の世界の声が聞こえるので、どちらが真実? という感覚もあるようです。
この世はイリュージョン、というのも理解できるし、3次元世界で生きる苦しみも分るし・・・

僕は理論だけです。(今のところ、と言っておきましょう)

« 書評--空間からの物質化 | トップページ | 書評--「今この瞬間」への旅 »

霊能力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/50535381

この記事へのトラックバック一覧です: 奥様は霊能者(19):

« 書評--空間からの物質化 | トップページ | 書評--「今この瞬間」への旅 »