« ACIM(9) | トップページ | 宇宙の真実セミナーメモ(54)--(53)の続き »

2011年1月23日 (日)

宇宙の真実セミナーメモ(53)

この世が幻想だとすれば・・・

本当は何も起こっていないのかも知れない。
時間も存在しない世界に過去と未来をつくり出している。
幻想の中に愛や幸福を探しても見つからない。

私たちは絶対的な幸福と豊かさの世界の上に幻想を作り出している。

幸福はいつでもここにある。
出来事に幸福・不幸を感じることができるということは幸福は私たちの中にあるということ。
人を愛することができるということは、今の自分に愛があるということ。
ちょうど、映画を見て、ホラー映画なら恐怖を感じ、ラブロマンスなら楽しめるように。

幻想という言葉は正しくないかも知れない。
「イリュージョン」
「ミラー・ワールド」
そんな言葉もある。
ともあれ、実在の世界ではない。
実在でなく、自分で夢を見ているのだから、いつでも乗り換え可能。

絶対性の基礎の上にしか二元性は築けない。
だとすれば、最初から私たちは絶対性の世界にいるということ。
(コインの裏表)

・・・と少しずつ分かってきたような気がします。(気がするだけかも??)

« ACIM(9) | トップページ | 宇宙の真実セミナーメモ(54)--(53)の続き »

宇宙の真実」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/50668277

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙の真実セミナーメモ(53):

« ACIM(9) | トップページ | 宇宙の真実セミナーメモ(54)--(53)の続き »