« 書評--幸福は絶望のうえに | トップページ | 書評--小さな違いが大きな成功を生む »

2011年2月12日 (土)

奥様は霊能者(20)

20歳頃の同僚、N君の訃報を聞きました。(僕と同学年だが、もう10年以上逢っていない。)
心筋梗塞か何かの突然死だったようです。(約2週間前)
彼はとても真面目で、ほとんど遊びもせず、ほとんど職場と自宅の往復のみ。

鬱病で入院していたこともあります。
生涯独身でした。
趣味や楽しみもあまりなかったような・・・
(よく酒を飲み、旅行に行き、おいしいものを探し、ドライブを楽しみ、マージャンや囲碁--最近はやっていないけれど--などで遊んでいた僕とは大違い。)

「彼の人生は何だったのだろう?」
こう呟くと、奥様が
「まだ49日になっていないから、あの世に行ってないはず。見てみるよ」
とのこと。

翌日、奥様がこう言いました。
「彼は天使に囲まれているよ。大丈夫」

真面目に生きてきた彼の次の人生はきっと幸せになることでしょう。

ところで、奥様は本当に千葉に住んでいたN君(フルネーム)だけで、彼の魂にアクセスできたのでしょうか?
「N君って、一重瞼でちょっと細い人じゃないの?」
そうそう、そのとおり。
奥様の能力は最近ますます強くなり、天使も見えるようです。

« 書評--幸福は絶望のうえに | トップページ | 書評--小さな違いが大きな成功を生む »

霊能力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/50847876

この記事へのトラックバック一覧です: 奥様は霊能者(20):

« 書評--幸福は絶望のうえに | トップページ | 書評--小さな違いが大きな成功を生む »