« 書評--成功したければ、自分を変えるな! | トップページ | 質問への回答(8) »

2011年2月25日 (金)

書評--黄金の約束「私はアーキエンジェル・マイケルです」

このブログで紹介する前に紹介した本↓なのですが、
http://homepage3.nifty.com/hasunuma/starthp/subpage03.html

通勤列車の中と昼休み
光の翼―私はアーキエンジェル・マイケルです
ロナ・ハーマン (著) , 大内 博 (翻訳)
を読み直しました。

○この本の読者はライト・ワーカーです。
○あなたたちは地球の癒しのための役割があります。
○あなたはスピリチュアルな世界の先駆者です。
などと書かれていて元気づけられる。

で、今日は続きの
黄金の約束〈上巻〉「私はアーキエンジェル・マイケルです」
ロナ ハーマン (著)  大内 博 (翻訳)
を読んでいる途中です。

「あなたは未来の誰かの過去世を生きている人です」P56
「あなたがあなた自身を愛している分だけ、まわりの人から愛を受け取ることができます」P57

数年ぶりに読むと色々な気づきがあります。
前回書いたディクシャからの学びもそうですけれど、タイミングというのがあります。

たとえば今日は温度が高くなり、花粉もたくさん飛びそう、ということで、マスクをつけました。
すると上司から
「職場でマスクをするのはおかしい。」とまた叱られました。
前回の理不尽なことがクッションになって一瞬だけネガティブ「この人はこういう感覚して持てないのだ」と思いましたが、それから本当に気の毒になりました。
(10年前の僕なら「仕事に関係ないことはあなたの指図は受けない。マスクをするかしないかは、憲法第13条により保障されている」という言い方をしたと思います。)
ということで、マスクをするかどうかは個人の自由なのですが、それも理解できない気の毒な人がどう言うか、は外部の世界。そのことをどう受け止めるかは僕の問題。

いつ辞めてもおかしくない職場に転職しましたが、たぶん、3ヶ月の試用期間で辞めることでしょう--というより3ヶ月辛抱できたら自分を褒めてあげたいと思います。それともアセンションを前にして、どこかの過去世で上司に借りがあって今返しているかも、と思います。

また話題がずれてしまいました。

この本はタイトルが示すように「黄金の約束」です。
私たちは「黄金の世界」に戻るのです。

きつい職場にいるけれども昼休みは本が読める、という条件にピッタリです。
スピリチュアルな本当の自分に呼びかけてくれます。
この本を今回持って行こうと思ったのは偶然ですが、新しい職場環境にはベストタイミングでした。

« 書評--成功したければ、自分を変えるな! | トップページ | 質問への回答(8) »

書評」カテゴリの記事

コメント

生きる目的で検索したらこちらのブログにたどり着きました。「なぜ生きる」明橋大二を読んで生きる目的は無碍の一道とありました。(仏教的な本でした)私には謎が深まるばかりで理解出来なかったのですが是非一度ご覧になって書評を伺いたいです。

追伸
物語の続きも気になります。これはいつか本にして欲しいと思いました。
面白いです。

Yeonsoより
生きる目的は幸福になることだと思います。

返信ありがとうございます!
自分なりに(ブログを拝見しながら)納得しました。

なぜ生きる=・生きたいから・生きるのが好きだから・幸福になるために私は生きる。
すでに幸福である→今は状況が流れているだけ。宇宙も自分なのだから他を幸せにすること=自分の幸せ。自分の幸せ=他の幸せである。

と感じました。このブログと出会えて良かったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/50968051

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--黄金の約束「私はアーキエンジェル・マイケルです」 :

« 書評--成功したければ、自分を変えるな! | トップページ | 質問への回答(8) »