« 書評--黄金の約束「私はアーキエンジェル・マイケルです」 | トップページ | 書評--黄金の約束(2) »

2011年2月26日 (土)

質問への回答(8)

以下は奥様が、ある方への回答をしようとした時に、僕が書いた部分です。
(つまり著者は僕+奥様です。全文は奥様が彼女にブログにアップすることでしょう)

====================

私たちは、本能的に自分を守る力があるのですが、物質世界(現代科学)の影響で、失われてきました。
目に見得るものだけを重視し、見えないものを迫害してきました。

昔は、科学と精神世界が一緒でした。
例えば占星術と天文学。
例えば哲学と科学(デカルトの「哲学原理」には「哲学とは宇宙のすべてを探求する学問」と書かれています。)

見えない世界も存在していたのです。
古い絵画など見ても、天使や人のオーラが描かれています。
実際に見えていたのです。

中世ヨーロッパのある科学者が、見ない世界を否定しました。(いわゆるルネッサンスの時代)
権力もありましたので、霊感や霊能力がある人たちを罪人扱いにしました。
世に言う「魔女狩り」です。

今のイルミナティへの継続となるのですが、その頃の権力者たちは自分たちよりも上の精神世界と繋がれる人たちを断罪することによって、自分たちの立場を守ろうとしたのです。
残念ながらニュートン力学の時代から「科学万能主義」に移行しました。
それから「科学」は目覚しい発展を遂げました。
そこで「科学の力ですべてができる」「科学で証明できないものは真実ではない」というところまで来てしまったのです。

ですが、うれしいことに、マイケル・ボーアあるいはシュレーデンガーをはじめ、量子物理学で「物質の形態は観察者によって変化する」ことが証明されたのです。
極端に言えば「月は見ている時にしか存在しない」ということです。
つまり私たちが生きている日常の出来事はすべて自分で作り出している、妙に見える霊の存在も自分で作り出しているのではないか、ということです。

アインシュタインは時間と空間は同じものである、ということを特殊相対性理論の中で証明しました。
E=mc^2という公式は、エネルギーは重力であり光である、ということを証明しています。

引き寄せるのは波動に合った波動のものだけです。
変な霊に憑かれるのなら自分の波動が低くなっている、ということです。

====================

今日は奥様ご希望のパワースポットに行く途中、この1週間の職場の話をしていたら、奥様はこう言いました。
「その上司に気づきを与えるためにあなたはその職場に行ったのではないの?」

なるほど。
このブログに書きましたが、転職2日目に「いろいろ質問するな」と言われてからずっと黙っていた僕に何か気にかかるようになっていたようです。
(後から知りましたが、設備管理に関しては僕のほうがベテラン--彼らの力では、ぼくに教えきれない)
そして「マスクをするな」と言ったその日に「私は責任者だから立場で言わなくてはならないことをいうけど・・・」みたいに取り繕っていました。
奥様のいうとおり、彼には”気づき”の必要があったのでしょう。
次に入る社員にそんなこと言ったらどうなるか、です。

ゆっくり自分で考えると「マスクをするな」というのは納得いくのです。
だって、空調担当者がマスクをしていたら、このビル内はマスクが必要なほど汚れている空気だ、ということを証明しているようなものです。
そうやって論理的に言ってくれれば良かったのです。
まあ、ビル管理経験がまだ2年程度だから仕方ないのかも。

奥様曰く「その人、かわいそうだよね。60才過ぎてまだ分かっていない」

他にも面白いことが沢山ありますが1例だけ。
「昼休みの時間に入っても責任者が”食べよう”というまで食べてはいけない」

楽しい職場でしょ?
ボイラー2級の方に(ボイラー1級を持っている僕が)ボイラー操作でいろいろ指導をされました。
「PH11以上でないと」・・・ってボイラーかん水は11.0~11.6が基準です。ちなみにPHはポテンシャル・ハイドロゲンです)
来週はどんな思いがけないことで叱られるか楽しみです。

僕自身の気づき
その1
僕は過去世でその上司に多少のことで迷惑をかけてそのカルマの借りを返している。
その2
僕は現世で(日教組だったから)教育基本法や憲法に照らし合わせて自分が正しいと思うことを管理職に押し付けようとしていた。
その当時の管理職の気持ちにも気づけよ、というカルマの解消。

« 書評--黄金の約束「私はアーキエンジェル・マイケルです」 | トップページ | 書評--黄金の約束(2) »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/50977168

この記事へのトラックバック一覧です: 質問への回答(8):

« 書評--黄金の約束「私はアーキエンジェル・マイケルです」 | トップページ | 書評--黄金の約束(2) »