« スピリチュアルに生きる(107) | トップページ | 奥様は霊能者(22)--(21)の続き »

2011年3月21日 (月)

スピリチュアルに生きる(108)

あまりに悲惨な震災と原発の状況で、かなりネガティブになりがちだったが・・・

原発事故が最悪の結末を迎えることを心配するより、ベストな収束を祈るほうが良いに決まっている。
そして、僕が心配しても何の役にもたたない。

震災の被災地の人たちを気の毒に思うより、残された人たちのために、自分に何ができるか、を考えたほうが良いに決まっている。

ネガティブな思考はネガティブなものを引き寄せる。

僕は祈ろう。
1ヵ月後には原発事故がまるでウソだったかのように、無事な結末を迎えるることを。
1年後までには震災の被災地が次々と復興していくニュースを見ることを。
3年後までには、三陸の海沿いの街や港が美しく戻りつつあることを。
5年後までには三陸が再び観光地としてよみがえり、旅行に行けるようになっていることを。

僕が描く未来の三陸海岸は、夢と笑いと希望で満たされている。

« スピリチュアルに生きる(107) | トップページ | 奥様は霊能者(22)--(21)の続き »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/51182070

この記事へのトラックバック一覧です: スピリチュアルに生きる(108):

« スピリチュアルに生きる(107) | トップページ | 奥様は霊能者(22)--(21)の続き »