« 原発問題(3) | トップページ | 書評--2013:人類が神を見る日 »

2011年4月 9日 (土)

書評--2012年の銀河パーティ

うれしうれしで超えよう 2012年の銀河パーティ   
中丸薫 (著) , 中山康直 (著)
¥ 1,995 徳間書店

基本的には著者二人の対談集。
資源としての麻については納得いくが、中丸女史の発言については半信半疑。

ただ、対談集でない部分にアーヴィン・ラズロやジュード・カリヴァンはじめ、色々な文章が長めに引用されており、これがとても勉強になった。
 

« 原発問題(3) | トップページ | 書評--2013:人類が神を見る日 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/51342180

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--2012年の銀河パーティ:

« 原発問題(3) | トップページ | 書評--2013:人類が神を見る日 »