« 書評--「成功本」を何冊読んでも成功しない3つの理由 | トップページ | 書評--人生を変える力 »

2011年5月24日 (火)

書評--なぜ、「頑張っている人」ほど、うまくいかないのか?

なぜ、「頑張っている人」ほど、うまくいかないのか?
ジョン・キャパス (著)  石井 裕之 (監修), 英 磨里 (訳)
フォレスト出版 ¥1300

○失敗を繰り返したり、幸せになる努力をしなかったりする人は、心の奥に組み込まれたプログラムどおりに目標を達成しているだけなのです。(P23)

○あなたの真実の姿は成功者なのだ、ということです。
そうです、まさに今この瞬間成功者なのです。
たとえどんなに落ちぶれ果てていようとも、今持っている潜在意識のプログラムをそのまま実行することに成功しているのです。(P36)

○今度は潜在意識のプログラムをすっかり変えてしまいましょう。(P40)

○過去にどういうプログラムをされたかは問題ではありません。
大事なことは、前へ進むためにプログラムし直したりする方法を身につけることです。(P78)

そのためにはメンタル・バンク・シートが有効。
メンタル・バンク・シートとは手書きの出納記録のようなもの。
(これに興味がある方は本書をご覧ください。)

僕は少し試してみようと思います。

« 書評--「成功本」を何冊読んでも成功しない3つの理由 | トップページ | 書評--人生を変える力 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/51756493

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--なぜ、「頑張っている人」ほど、うまくいかないのか? :

« 書評--「成功本」を何冊読んでも成功しない3つの理由 | トップページ | 書評--人生を変える力 »