« スピリチュアルに生きる(110)--メモ | トップページ | 書評--だから、あなたも負けないで »

2011年5月25日 (水)

友人/元同僚へのメール

さて、今回、これまでの仕事の契約期間が満了したに伴い、新しい仕事を検索してハローワークで紹介状を書いてもらいました(紹介って言っても、自分で探したところに紹介状を書いてもらうのです)
その報告をした友人(元、役所に勤めていた同僚--数年前に納得いかない仕事で役所を辞めた)にメールを送りました。以下、個人情報などに触れない、メールの一部です。

===========

贅沢を言って”選ばなければ”仕事はたくさんあります。
結局、条件の良い仕事はそのまま居座る社員ばかりなので募集がない。
条件の悪い職場しかないのです。
その中で自分で我慢できる仕事を探すしかないのです。

「良い仕事」といわず、「我慢できる仕事」を探しているなら、ハローワークに行く前に
ネットでハローワーク求人検索を探してください。他にも仕事検索サイトはたくさんあ
ります。街角のスタンドで「タウンワーク」などもあります。

役所ほどの収入が得られないのは仕方ありません。

さて、何のために仕事をするの?
収入を得るため、ということならそれ以外は我慢です。
生きがいが欲しいなら時給は度外視です。
ようするに「何を優先していくのか」です。

自分の人生の中で職業に対する優先順位を決めることは必要です。

そういう意味では僕も選んでいます。たくさんの募集の中から、ラインに乗るのはイヤ
だとか、1日中フォークリフトに乗るのはイヤだとか。(そういう仕事はずっと募集が
あります--そんな仕事で頑張っている人を否定していません。偉いと思っています)
でも選択肢の中に「どれもやらない」というのはありません。
そういうことで、今回検索した中で一番やりたい(ましな)仕事に応募したというわけ
です。
これで落とされれば、次の仕事に応募するだけです。

で、酒を飲んだ勢いで書いて申し訳ないけど、(気に障ったら、以下は忘れてね)
ひょっとして「役所に残ればよかった」とか思っていない?
そういう思いは人生に邪魔なだけです。
後悔してもどうにもならない観念は捨てましょう。
僕もそうだけど、教員を辞めたときは、「その時の自分を一番大切にする生き方を選ん
だ」と。
ただ、安定した生活を目指す同僚よりは、自分の納得できる行き方をその時は選んだの
だから。
僕は後悔していないよ。
辞めたときの自分の生き方を愛しているよ。
そして生き方は今も変わっていない。
僕は役所にいる生活の安定よりも、自分の正しいと思った生き方をその時、その時にす
るのだと。
世間的に言わせれば「不器用な自分」かも知れないけれど、そういう自分が好きなのだと。

« スピリチュアルに生きる(110)--メモ | トップページ | 書評--だから、あなたも負けないで »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/51768683

この記事へのトラックバック一覧です: 友人/元同僚へのメール:

« スピリチュアルに生きる(110)--メモ | トップページ | 書評--だから、あなたも負けないで »