« スピリチュアルに生きる(113) | トップページ | 書評--「気づき」の幸せ »

2011年6月10日 (金)

書評--すべてを幸せにする鏡の奇跡

すべてを幸せにする鏡の奇跡―この世はミラーワールド (bio books)
ROSSCO (著)
\1200 ビオ・マガジン

--絶版だが中古がamazonで半額くらいである。--

ちょっと前に紹介した「ミラーワールドの魔法―たった一日で究極のパートナーと出会える!」
の続編。

今回も物語形式になっている。
前作を補強するような説明とでも言おうか。

この世界はすべて心を映し出すミラーのワールド。
この説明である。
発した波動が自分に返ってくる、というのだが、「波動」という言葉は使っていない。

で、似たような本で野口さんの「鏡の法則」との比較。
野口さんのほうが書き方がうまいが、内容的には甲乙つけがたい、といったところ。

« スピリチュアルに生きる(113) | トップページ | 書評--「気づき」の幸せ »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/51907167

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--すべてを幸せにする鏡の奇跡:

« スピリチュアルに生きる(113) | トップページ | 書評--「気づき」の幸せ »