« 書評--気づきの扉 | トップページ | 書評--運命には法則がある、幸福にはルールがある »

2011年6月30日 (木)

書評--悟り系で行こう

悟り系で行こう―「私」が終わる時、「世界」が現れる
那智 タケシ (著)
¥ 1,470  明窓出版 

漫画コミックのような表紙で敬遠していたが、この機会に読んでみた。
内容は表紙と関係なく真面目。

==超要約==
現在は最悪の時代。
「私」を大切にしているエゴイストばかり。
悟った人が増えなければこの社会はダメになる。
悟るには?
「私」を大切にしない。
スピリチュアルな本をいくら読んでも「私」の自己満足にすぎない。
「私」を無くしたときに、自分は「世界」であることに気づく。
==超要約終わり==

« 書評--気づきの扉 | トップページ | 書評--運命には法則がある、幸福にはルールがある »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/52083114

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--悟り系で行こう:

« 書評--気づきの扉 | トップページ | 書評--運命には法則がある、幸福にはルールがある »