« 書評--「なりたい自分」になる一番いい方法 | トップページ | 前回の後日談 »

2011年6月28日 (火)

書評--「あの人のせいで…」をやめると、人生はすべてうまくいく!

「あの人のせいで…」をやめると、人生はすべてうまくいく!
フレッド・ラスキン (著) , 坂本 貢一 (翻訳)
¥1400 ダイヤモンド社

かなり説得力のある「許し」の本。
恨み・怒り・憎しみなどで許すことが難しい方、それらから解放されたければこの本を読んでみてください。
ジャンポルスキーの著書「ゆるしのレッスン」と全く違ったタッチで書かれています。

「ある人物は1978年に両親に虐待されたかも知れません。しかしながら、だからといって、その人物が2002年の7月7日、午後4時15分にもつらい気分を手にしていなければならない、ということにはなりません。あなたの恋人は1996年にあなたを裏切ったかも知れません。しかしながら、あなたが2001年4月4日午後9時にも腹をたてていなくてはならない理由など、どこにもないのです。」P94

あなたはTVのようにたくさんのチャンネルを持っています。
怒りや批判のチャンネルに合わせるのでなく愛のチャンネルや感謝のチャンネルにいつでも切り替える選択権があります。(第3章一部要約)

自分の価値観と異なることをする人に怒りを感じたことはありませんか?
自分のルールを人に押し付けようとするからではありませんか?(第4章一部要約)

そして何より、許すというのは自分の幸福のために必要なのです。

« 書評--「なりたい自分」になる一番いい方法 | トップページ | 前回の後日談 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/52065096

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--「あの人のせいで…」をやめると、人生はすべてうまくいく! :

« 書評--「なりたい自分」になる一番いい方法 | トップページ | 前回の後日談 »