« 書評--アクエリアン・ヴィジョン | トップページ | 書評--人生の処方箋―不運を幸運に変える16章 »

2011年6月22日 (水)

書評--生き方のコーチング

生き方のコーチング
ローラ・バーマン・フォートガング (著), 米山 裕子 (訳)
¥1400 PHP

--絶版だがamazonで中古が安い--

この本はコーチングというより引き寄せの法則の延長にあるかも知れない。
(そもそものタイトルが「リビング・ユア・ベスト・ライフ」だから)

ただし、イメージングやアファーメイションなどを用いない。
無理にポジティブ・シンキングをしようとするのでなく、目の前の出来事の捉えかた・解決法のヒント満載。

○なぜ?と質問しても問題は解決しない。何をすべきか、と考えよう。

「自分自身を絶対的に信頼できるようになること。それさえできれば、あなたには自信が生まれ、その自信は灯台のように光り輝いて、成功を引き寄せる」P160

「あなたの存在理由を、仕事がなんであるかではなく、どういう人間なのかでとらえる。この視点の切り替えは、真に望む人生に近づく」P169

「なにかが一時的にうまく運ばなくなった時、自分を叱り続けるより許したほうが、ずっと前向き」P284

amazonの本の画像「中身閲覧」で目次が見られます。
目次でピンと来たらお勧めです。

« 書評--アクエリアン・ヴィジョン | トップページ | 書評--人生の処方箋―不運を幸運に変える16章 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/52013607

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--生き方のコーチング :

« 書評--アクエリアン・ヴィジョン | トップページ | 書評--人生の処方箋―不運を幸運に変える16章 »