« 書評--夢は実現するからおもしろい | トップページ | 書評--臨死体験 未来の記憶 »

2011年6月 6日 (月)

スピリチュアルに生きる(112)

未来も過去も存在しない。
すべての出来事は同時に起こっている。
これはどういう意味でしょう?
(既に何度か書いていますので別の説明を・・・)

私たちは時間軸の上を移動しています。
物理学的には下から上へ時間軸が移動しており、左から右へ空間軸がある、などの説明もありますが、軸を1つにして分りやすく考えてみます。

時間軸は数直線だと思ってください。
昔、教室の後ろに歴史年表が貼られていませんでしたか?
まあ、貼られていなくても、教科書の年表でもイメージは同じでしょう。
1枚の紙に”同時”に存在しているのです。

未来も過去も存在しないとすれば、今、アインシュタインは生きているし、レオナルド・ダヴィンチも芸術にいそしんでいることでしょう。

これを電車で例えます。
上野から大宮に向かっている新幹線ににダヴィンチが乗っています。そして宇都宮から那須塩原に向かっている新幹線にアインシュタインが乗っていて、あなたは郡山から福島に向かっている新幹線に乗っているのです。
同じ線路(=線形時間)の上を同時に進んでいるのです。

さて、福島駅から先は山形新幹線、東北新幹線、秋田新幹線と分岐があります。
「この電車の行き先はどこだったろう」と、ふと疑問に思ったのでした。(まああまり現実的ではありませんが)
「そういえば・・・」とあなたは思い出します。
「郡山では水郡線と磐越東線、磐越西線に乗り換えできるのだった。」と。

以上の説明は思いつきで書いているのではありません。
「リ・メンバー」スティーヴ・ロウザー著
「あなたの時間は90度の角度で別の次元に繋がっている。タイムワープはまったくもって可能なのです。」(P302~P303)

タイムライン乗り換えは可能ではない、と自分で限界を創ってしまっているかも知れないのです。
私たち(厳密には「あなた」)の住む時間軸にはあなたの欲しいものが全部あります。

家・車・旅行・たくさんのメニューの中から好きなものを選択できるレストラン。
つまり地球上のすべてのものを選択する自由があるのです。

「そうは言ってもお金があれば、でしょ?」って?
そう言った瞬間に”お金がない”状態を肯定しているのかも知れないのです。
「実際に、そんなに自由に使えるお金なんかないよ」って?
その状態に留まることも選択してしまうのですか?

さて、時間軸の話に戻りましょう。
時間軸はある意味、映画フィルムに例えられるでしょう。
映画の始まりはダヴィンチが登場、そしてアインシュタイン、最後にあなたが登場。
この歴史映画のたとえなら不可能ではありませんね?

その映画の主演はあなたですが、監督も脚本もあなたなのです。
気に入らない映画なら、変えてしまいましょう。
愛と感謝と賞賛という波動によって。

« 書評--夢は実現するからおもしろい | トップページ | 書評--臨死体験 未来の記憶 »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/51872544

この記事へのトラックバック一覧です: スピリチュアルに生きる(112):

« 書評--夢は実現するからおもしろい | トップページ | 書評--臨死体験 未来の記憶 »