« 書評--マジック・ストーリー | トップページ | 雑文--漬け物の漬け方 »

2011年7月29日 (金)

書評--だれも教えなかった地球人類28の真実

だれも教えなかった地球人類28の真実
上宮 知樹 (著)
今日の話題社 ¥1200

--絶版。中古も高いのであえて購入する必要なしと思う--

著者はフリーのチャネラーだそうな。

本によれば、リジーという影の存在が、人間のネガティブな想念のエネルギーを取り込んで栄養にしているそうな。

「苦しみというマイナスを自ら創造しているという点に注目してください。
マイナスを創造する自由が与えられているのですから、プラスの自由を創作する権利も当然与えられているのです。その権利を行使しない手はありません。」P130

こういう通常のことも書いてあるので、半分は悪くはないのですが、最終章は天照大神とのチャネリングで「・・じゃぞ」なんていう言葉になっていて、これは日月神示か何かのマネ?と思っていたら、まさに日月神示が出てきた。
最終章1つ前は龍神やらミステリーサークルやら。

興味がある方は著者のHPでも参考にしてみてください。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~grifins/

« 書評--マジック・ストーリー | トップページ | 雑文--漬け物の漬け方 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/52336491

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--だれも教えなかった地球人類28の真実 :

« 書評--マジック・ストーリー | トップページ | 雑文--漬け物の漬け方 »