« 書評--未来世療法 | トップページ | 書評--だれも教えなかった地球人類28の真実 »

2011年7月28日 (木)

書評--マジック・ストーリー

マジック・ストーリー
フレデリック・ヴァン レンスラー・ダイ (著)  野津 智子 (翻訳)
¥1000 ソフトバンク

--絶版だが、amazonで中古がそこそこの価格--

この物語は1899年に書かれたらしい。
「マジック・ストーリー」とは人生で成功するための秘訣を書いた物語。
しかし、この薄い本の前半は「マジック・ストーリー」に出会うまでの報告で、どんなにすごい話なのか?と気がせきながら読んだが、学びはほとんどない。
後半でようやく、本編が始まる。
結論から言えば成功するための教訓が書いてあり、本来はそれを書いてしまうのはタブーだと思われるが、amazonのレビューでネタばらしをしてしまった人がいるので、バレている部分だけここに紹介しておこう。
まあ、レビューを全部読めば、内容はほとんどわかりそうな感じです。

第1の教訓
どのような状況であっても、すでに手にしている良いものを、まずきちんと受け入れること。
 そのうえで、目をしっかり見開き、一つひとつのチャンスを吟味すること。
未来に対する千の希望には、銀貨1枚の価値さえないのだということを忘れないこと。

第5の教訓
自分で自分の心に植えつけた、有害で自滅的な考えや思い込みを捨てること。

第6の教訓
あなたの”目覚め”はあなたのなかにあり、あなたが気づいてくれるのを待ちわびている。

« 書評--未来世療法 | トップページ | 書評--だれも教えなかった地球人類28の真実 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/52330204

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--マジック・ストーリー :

« 書評--未来世療法 | トップページ | 書評--だれも教えなかった地球人類28の真実 »