« 書評--ブルー・ソーラー水で心と体を浄化する本 | トップページ | 書評--7つのチャクラ »

2011年7月31日 (日)

書評--悟りの錬金術

悟りの錬金術―私を通して至る自由―
ゲート (著), アン・テファン (翻訳)
¥ 1,575  ナチュラル・スピリット

まだ出版されたばかりの本。
著者は韓国人。

この本は「悟り」の本。
方向的には
「「今この瞬間」への旅」レナード・ジェイコブソン
「いま、目覚め行くあなたへ」マイケル・シンガー
などと同じ。

内容的にはgood!
残念なのは韓国人(おそらく普段日本語を使っていない)が訳したので、文章が日本語としてこなれていないことである。

どんな文章か、以下の関係サイトでも似たような書き方なので察することができる。
http://www.gatemaster.net/

訳がそれほど気にならないなら、お勧めの書である。

« 書評--ブルー・ソーラー水で心と体を浄化する本 | トップページ | 書評--7つのチャクラ »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/52354526

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--悟りの錬金術:

« 書評--ブルー・ソーラー水で心と体を浄化する本 | トップページ | 書評--7つのチャクラ »