« 書評--宇宙(そら)にお願い | トップページ | 書評--癒しと愛は時空を超えて »

2011年7月 6日 (水)

書評--「聖なる力」に満ちあふれた人生

「聖なる力」に満ちあふれた人生―願望は必ず実現する
ディーパック チョプラ (著) , 山本 光伸 (翻訳)
¥ 1,995  大和出版 

この本は同著者の「至福の人生―あなたの夢を実現するために」のタイトルを変えての再版だそうです。
著者の初期の著作らしく、医学的な実例をあげて、思考が現実にいかに影響するかを説明しています。

「ほとんどの未開社会では、ものを見るには心が目を通って外に出ていかなければならないと信じられている」P75

「恐怖は願望の裏返しである。恐れていることが本当になるのなら、望んでいることもたいていは実現が可能であろう」P81

「否定的な考えを抑えつければ、それで否定的な考えの持つ力は弱まるんですか?」P158

「ある書物によると、人は1回の呼吸ごとに、キリストやブッダや孔子その他もろもろの先覚者たちの吐き出した数百万個の原子を吸い込むという(何しろわれわれは1回に10^22・・・の酸素原子を吸い込むからである)P308※文末参照のこと

「場のもつ無限のパワーとその広大さ・・・思考するたびに、われわれは場を動かしている」P310

それにしても、この本の日本語のタイトルはいかがなものか?
原題は「Unconditional Life」
この本は「願望の実現」を説明している本ではありません。(少しは書かれているが)
最後の方は覚醒が基本的なテーマ。
宇宙と私たちがワンネスであることを説明しようとしているのです。

願望・引き寄せなどを目的とするなら同著者のものなら 
「人生に奇跡をもたらす7つの法則 」
あたりから読まれた方が良いでしょう。


ということは、キリストやブッダだけでなくてヒットラーの吐いた酸素も吸い込むよね?と一瞬思ったが、そんな単純なものではないことに気づいた。
つまり、聖人の酸素分子を吸い込むということは、歴史上に現在まで存在した世界中の人の吐いた酸素分子を吸い込んでいることになる。
酸素が吸い込んだ人の波動を持っているとすれば、すべての人の波動が伝わってくることになる。
これは酸素に限らないだろう。水もそうだ。水は世界中を循環し、その過程で一時、私たちの体に取り込まれる。
逆に自分の体の中にいた酸素分子や水の分子も、また世界中に広がっている。
それが雲になり、樹や花になり・・・・。
世界はこうして一つに繋がっている。

« 書評--宇宙(そら)にお願い | トップページ | 書評--癒しと愛は時空を超えて »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/52136737

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--「聖なる力」に満ちあふれた人生:

« 書評--宇宙(そら)にお願い | トップページ | 書評--癒しと愛は時空を超えて »