« 書評--ヤベツの祈り | トップページ | 書評--人生の危機は宇宙からの贈り物 »

2011年7月 8日 (金)

書評--願望を実現するスピリチュアル・サークル

願望を実現するスピリチュアル・サークル―私と宇宙をつなげるエネルギーの場
ローラ デイ (翻訳), 奥野 節子 (翻訳)
\1300 ダイヤモンド社

スピリチュアル・サークルの中に入ると願望が実現します。
スピリチュアル・サークルの中ではあなたの波動が宇宙の隅々まで広がっていきます。
サークルの中では思ったことが必ず実現するので、”思い”には注意しましょう。

・・・というような感じで書かれており、肝心のサークルの意味は書かれていない。
その点ではamazonのレビューも具体的でない、としている人も多いのだが、その割には評価は低くない。

おそらく著者は「スピリチュアル・サークル」の意味を敢えて書かなかったのだろう、と受け取れる。
つまり読む人によってどのように受け止めても良いのだ。
サークルが、文字通り想像上の円でも構わないし、大きさも自由。
サークルがパラレル・ワールドの可能性でも構わないし、次元の違う魔法の世界でもOK。
ともかく、読者が人生を変えるのに役立てれば良い。
敢えてサークルを具体的に書かなければ、読者に合った”サークル”が誕生する、ということなのだろう。

「わたしはなぜ病気なの?」
「なぜお金をたくさん持っていないの?」
質問形になっていますが、実際にはこれらは願いごとなのです。(P122)

そして訳者のあとがきにこうある。
「彼女は・・・自らの著書とCDをたくさんかかえており、「もし経済的に買うことが難しいという人がいたら、どうぞ自由にもちかえってください」と参加者に伝えたのです。」P137

これは苦労の体験がある彼女ならでは。誠実な文章からも読み取れる。

« 書評--ヤベツの祈り | トップページ | 書評--人生の危機は宇宙からの贈り物 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/52150285

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--願望を実現するスピリチュアル・サークル:

« 書評--ヤベツの祈り | トップページ | 書評--人生の危機は宇宙からの贈り物 »