« 書評--なぜ、飛べるのに歩いているの? (2) | トップページ | 書評--あなたを成功と富と健康に導く ハワイの秘法 »

2011年7月20日 (水)

書評--ザ・キー ついに開錠される成功の黄金法則

ザ・キー ついに開錠される成功の黄金法則
ジョー・ビタリー (著), 鈴木彩子/今泉敦子 (翻訳)
¥1600 イースト・プレス

著者は映画「ザ・シークレット」に多く登場する一人。

「ザ・シークレット」の後に書かれたこの本は映画で説明しきれなかった補足が中心。
「引き寄せ」ができなければ、まずその妨げとなっている「思い込み」「ネガティブ」をクリアにしなければならない、としている。

第一部はその説明。
第二部では、クリアリング・メソッドが10種類紹介されている。知っている例では
○ホ・オポノポノ
○タッピング
○セドナメソッド+「ワーク」(byバイロン・ケイティ)のようなもの、など
それぞれの専門化の説明も織り込まれているので、クリアリングのエッセンスのようなもの。
(クリアリングはこれ1冊でOKかも)
自分に合った方法でクリアリングすると良いのでしょう。

第三部は「コーチング」
TV番組出演当時のQ&Aの記録

そして「付録」
「純粋な自己=「幸福」を手に入れるための実践的テクニック」(この部分はピーター・ミッシェル著)

○感情に抵抗するのをやめると感情はすんなり去っていきます(P219)
○ネガティブな感情に感謝する(P224)

など、これだけでも読む価値があります。

そして、珍しく、「あとがき」などはない。

私たちは部屋にあるわずかな財産を守ろうとして、内側から鍵をかけているのかも知れません。
外には数億円の財産を届けにきてくれた配達人が待っているというのに。

※本の中にネヴィル・ゴダードが紹介されている。
この名前はスピリチュアルな関係本で時々目にする。
引用される言葉のそれぞれがかなりの名言。
amazonで調べてみたら、初めての邦訳がこの8月3日に発売されるという。
早速予約注文してしまった。
未来を改造する【ザ・パワー】のしくみ 想定の『超』法則 
ネヴィル・ゴダード (著), 林 陽 (翻訳)

« 書評--なぜ、飛べるのに歩いているの? (2) | トップページ | 書評--あなたを成功と富と健康に導く ハワイの秘法 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/52258002

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--ザ・キー ついに開錠される成功の黄金法則 :

« 書評--なぜ、飛べるのに歩いているの? (2) | トップページ | 書評--あなたを成功と富と健康に導く ハワイの秘法 »