« 宇宙の真実セミナーメモ(58) | トップページ | 書評--なぜ、飛べるのに歩いているの? (2) »

2011年7月19日 (火)

書評--お金と磁力と魂の法則

お金と磁力と魂の法則
J・ドナルド・ウォルターズ (著), 真倉 連 (翻訳)
\1500 サンマーク出版

--絶版だが中古が安い--

この本は、自分のエゴを満たす、安っぽい「引き寄せ」を超えている。
高い次元の部分とつながり、神との共同作業によって、本当の豊かさを手に入れることを説明している。

「お金を引き寄せたい人のために重要なルールが一つあるとしたら、それはお金に執着しないということです」P56

著者はパラマハンサ・ヨガナンダの弟子だという。
(「あるヨギの自叙伝」の著者--ちょっと高額なので僕はまだ読んでいない)

そういう視点から、宇宙と自分のつながり、神への奉仕のために生きる、などと書いている。

神と自分は一つであることを意識していれば、宇宙の豊かさは全部自分にエネルギーをもたらす。

« 宇宙の真実セミナーメモ(58) | トップページ | 書評--なぜ、飛べるのに歩いているの? (2) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/52249832

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--お金と磁力と魂の法則 :

« 宇宙の真実セミナーメモ(58) | トップページ | 書評--なぜ、飛べるのに歩いているの? (2) »