« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

某質問サイトへの回答(13)

Q、宇宙には自分しか存在しない?

A、
私もまだ学びの途上にあり、うまく説明できないことが多いです。
それぞれの本が1冊を費やして、高次の世界を物質的な言語で説明しようとしているのですから。
特にこの解答欄の文字数でも時間的にも厳しいので本の紹介を兼ねて少し書いてみます。

一応、説明してみましょう。

私たちは眠っている間、夢を見ます。
それは思い通り。
空を飛びたいと思えばできるし、どこかへ行きたいと思えば瞬時に移動。
実は私たちの”現実世界”もそうなのです。(ただし実現までにはタイムラグがあります)

>すべて自分が創り出した夢?
そのとおりです。
物質世界に住む私たちにとって”あの世”は幻想の世界ですが、”あの世”に戻れば現世が幻想(or記憶)だけとなります。

人生は思いどおりになっています。(人生はうまくいかない、と思うと宇宙の法則に従いその通りになります)
たとえば

>私はひとりで虚空に浮かんでいる???
そのとおり。宇宙規模で見れば地球は虚空に浮かんでいます。スピリチュアルな観点からすれば”私”はたった一人で宇宙空間に浮いています。

>でも他人とか
”私”はたった一人で”私の世界”に存在しています。
”他人”は存在しません。
私の人生の監督・脚本・主演は”私”です。
”他人”は私が作り出したもの。すべては私の人生というドラマの協力者です。
>客観的な世界とかは存在しないの?
そんなもの、”自分の世界”で創造してどうするのですか?
「○○さんが**なことを言いそうだ」「○○さんが自分を批判した」って、結局は自分の宇宙でしょう。だから自分の宇宙を住み心地良くするだけです。

(ケン・ウィルバーの「無境界」--自分と自分以外という境界は存在しない--を読まれることをお勧めします)

私の友人は(東京多摩地区で)一緒に話すとこういいます。
「今、新宿の町は存在していない感覚なんだ」
確かにそうです。
月は見ているときしか存在しない。
量子物理学の「観察者効果」です。
(量子論の入門書を読まれることをお勧めします。)

>それとも各人の現実が織物のように織り合わさっていて
そういう説もあります。
それぞれが自分の世界に生きていて、交差する。
それで世界がうまくなりたっているのはすごいです。

>世界は私の脳内スクリーンに映る映画のようなもの
私もそう解釈していますが、映画は1つではありません。
たくさんの映画(DVD)があり、気に入らなければ他のDVDに変えればよいのです。
これがパラレルワールド。多元宇宙の考え方です。(「バシャール」がお勧め)
そういう意味では、今の”世界”で願望を叶えようとする「引き寄せの法則」より次元乗り換えの考え方のほうが解りやすいと思っています。

>相手の人格を認める必要もなくて・・・
”相手”でなくて自分しか存在しないのですから”自分”です。
自分を認めなかったり傷つけることになります。

信じられないかも知れませんが、実はあなたはこの世界に生まれたことがありません。
あなたはこの世界の観察者なのです。
この概念は 「空(くう)舞い降りた神秘の暗号」Mana著に詳しいです。
(本を購入する時間的余裕がなければ著者ブログだけでも)
http://www.arkworld.co.jp/cgi-bin/eveheart/spiritual/text.cgi

他にも色々説明せねばならないかも知れませんが、私が拙い文章で・文字数で説明するよりすぐれたHPがありますので紹介しておきます。
http://www1.ttcn.ne.jp/turu/sub3.htm

申し訳ありませんが、全部のご質問には答え切れませんので、最後にご質問のヒントとなるであろう参考文献を紹介しておきます。

リ・メンバー/スティーヴ・ロウザー
リアリティ・トランサーフィン/ヴァジム・ゼラント
さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる/エックハルト・トール
神との対話シリーズ/ニール・ドナルド・ウォルシュ
ラムサ・ホワイトブック/ラムサ
Joy joy joy/波流
聖なるマトリックス/グレッグ・ブレイデン
人生乗り換えの法則/宮崎 なぎさ
セスは語る/ジェーン・ロバーツ
「成功」+「幸せ」を手に入れる21の原則 /アーノルド・パテント
ポケットの中のダイヤモンド/ガジガジ
いま、目覚めゆくあなたへ/マイケル・A・シンガー

2011年8月30日 (火)

書評--あなたの願いは必ずかないます!

あなたの願いは必ずかないます!
高津 理絵 (著)
PHP ¥1200

--amazonの中古が¥1--

ちょっと見、浅見帆帆子のような軽いスピリチュアル系のようである。
それでも読んでみると、ところどころ気づきがある。

○(姓名判断の画数よりも)「名前は親があなたに初めてくれたプレゼントですから、大事にしてください。(P98)
○神社やお寺にお参りするとき、私はいつも「今日もここへくることができました。ありがとうございます」としか言いません。なぜなら神様が何かをしてくれるわけではないのです。(P104)
○金運があるかないかよりも、お金の神様に好かれるか嫌われるかが問題なのです。(P113)
○「何か困ったときのため」にと貯金している人がいます。そうすると本当に困ったことがおきて、その貯金を使わなければいけなくなってしまうのです。せっかくがんばって働いたお金を貯金するのなら「幸せのため」の貯金をしましょう。(P119)

鏡を磨くと幸運が訪れる、というような??な文章もあるが、まあ全体としてOKでしょう。

著者のHP
http://www.hikari-rie.com/

書評--天国の法則

天国の法則―人生を劇的に変える22のスピリチュアル・レッスン   
藤崎 ちえこ (著)
¥1300 ビジネス社

--amazonの中古が¥2--

半分は著者のヘミシンク体験の紹介。
残り半分はスピリチュアルなことを一通り--つまり広く浅く--説明している。
キーワードはシンクロニシティ、チャクラ、インディゴ・チルドレン、カルマ、ソウルメント・・など。
したがって、これらのキーワードを知っている人には物足りないでしょう。

書評--人生は最高の宝物

人生は最高の宝物―成功をつかむための物語
マーク フィッシャー (著), 小林 龍司 (翻訳)
PHP ¥1429

--絶版だがamazonの中古が¥1--

著者の本はこれまで3冊ほど読んだ。
それでまた期待して購入したわけですが・・・

ゴルフが題材の話なので、全くゴルフを知らない僕には意味がわからない用語が沢山出てくる。
バーディ、ボギー、パー5、パット・・・・って、何のこと?
話がわからないので途中で読むのを止めた。

しかし、結末は明るそうだし、成功するための物語なので、上記用語がわかる、ゴルフを少しやったことのある人ならたぶん面白く読める。

書評--プチ念力で人生はうまくいく

プチ念力で人生はうまくいく―自分が楽になる、好きになる
サハラ イサオ (著)
青萠堂 ¥1260

--amazonの中古が¥1--

僕はTVもほとんど見ないので知らなかったが、著者は霊能者としてTVなどにも出演したとか。

そういう視点からなので、人生を創造する、というより、悩み解決、という感じです。

たくさん出てくるのが次のフレーズ
「○○(ネガティブなこと)を捨てる、捨てる、と何回も何回も思いましょう」
「**(ポジティブなこと)と何回も何回も思いましょう」
そう思っているとそのとおりになる、と。

これがタイトルの「プチ念力」なのでしょう。

書評--「私が変わります」宣言

「私が変わります」宣言―「変わる」ための24のアプローチ
高橋 佳子 (著)
¥1470三宝出版

--amazonの中古が¥1--

著者の本は以前に2冊ほど読んだ。
独特の文章で人生を高めることを説明する。

今回の本は・・・

「人は変えられない。自分は変えられる」
それを知っているだけでは変わらない。
だから「宣言」してしまいましょう。

多くの歴史上の人物を紹介しながら、それらの人が人類に功績を残したのは「変わります宣言」をしたレベルだという。
こじつけとも言えなくもないが、人生を変えたければ自分を変えなければ、というのは納得いくことでしょう。

関係HP
http://www.keikotakahashi-lecture.jp/

書評--マジック・フォーミュラ

マジック・フォーミュラ―人生を光に変える魔法の処方せん 
マイケル・J. ローズ (著),  山川 紘矢 (翻訳), 山川 亜希子 (翻訳)
徳間書店

--絶版だがamazonの中古が安い--

これはメンターもの。
中年男性グループがレストランのオーナーから人生を教わる。
最初はテンポが遅いが、途中からは普通に読める。

自分を大切にすること。
今に生きること。
出来事に反応(これは記憶の遺物なのでマンネリ)するのでなく応答すること。
人生は自分が創造している。
自分の焦点を当てたことが実現する。

など、様々な角度から説明される。

ただ、上記のようなことが当たり前という方にはあまり新しい発見はないかも知れない。

書評--アインシュタイン150の言葉

アインシュタイン150の言葉 /他
ジェリー メイヤー (編集), ジョン・P. ホームズ (編集)
\1200 ディスカバー

この本を読むと、アインシュタインはスピリチュアルな人物だったことがわかる。
だからこそ、宇宙の神秘を知りたくて数学的手法によって相対性理論を生み出したともいえる。

「常識とは、18歳までに身に付けた偏見のコレクションのことをいう」
「私は先のことなど考えたことがありません。すぐに来てしまうから」
「どうして自分を責めるんですか?他人がちゃんと必要なときに責めてくれるんだから、いいじゃないですか。」

ただ、この本を購入する必要があるかどうかは別問題。
色々な名言を集めたサイトで見たことがあるものがほとんど。

===============

アインシュタインと同じく、物理学の手法で宇宙の秘密に迫ろうとしたものに次のようなものがある。

「宇宙と生命のミステリー―まゆみの道」
榊原 秀晴著 ¥ 1,365

これは大変に読みづらい。
著者が解明した?宇宙・物理の説明をSF調にして面白くしてあるつもりなのだろうが、物語でなくて会話の羅列。

それよりは独りよがりの物理解釈でも次のような本の方が読みやすい。
ただし、どこまでが真実か? 物理を深く理解していないと判断できないと思われる。

「新ミレニアムの科学原理―現代科学を超える... 実藤 遠 」
「タキオン哲学方程式―フリーエネルギーは実現する  生利王世・・・著(←オリオン・・って漢字が出ない。著者名だけでも充分怪しいが)

=============

アクセス数50000超、ありがとうございます。

2011年8月29日 (月)

書評--夢をかなえる本

夢をかなえる本
パット パルマー (著), 広瀬 弦 (イラスト), eqPress (翻訳)
\1500 径書房

いい本文章です。(どちらかといえば若者向けです)

人の意見に左右されずに、一番大切な自分の夢の実現に向けて頑張りなさい、という温かな励ましに満ちた文章。
夢は諦めなければ必ず実現します、と。

でも全84ページ。イラストでページを稼いでいる?
¥1500は高いかも。(amazonの中古は本日¥49)

書評--生きる意味の探究

生きる意味の探究―退行催眠が解明した人生の仕組み
グレン ウィリストン (著) ジュディス ジョンストン (著) , 飯田 史彦 (翻訳)
\1800 徳間書店

--絶版だがamazonの中古が\100--買いです!

退行催眠療法ではブライアン・ワイスを紹介しましたが、この本も劣らずGOOD。
訳者は「生きがい」シリーズの飯田史彦氏。

最初は輪廻転生を信じない人向けに、被験者が語る旧地名などを調べ、実在した証拠などを挙げる。
一般の人が語る過去世は決して有名人などでなく、平凡であることがその証拠とも。

病気になる理由、ソウルメイト、などにも多くのページを割いている。

そして、人はなぜ転生を繰り返すのか、それは魂の成長のためである、ということを「グレーター・セルフ」に教わる。(グレーター・セルフというのはエゴを超越したもっとも次元の高い部分。ハイヤー・セルフよりも上か?)

文章そのものも格調高く、質の高い人生論という感じ。
ブライアン・ワイスの本に書かれていないことも書かれており、勉強になります。

2011年8月26日 (金)

書評--この世の悩みがゼロになる

この世の悩みがゼロになる
小林 正観 (著)
¥1500 大和書房

--amazonの中古が安い。

少し前に同著者の「楽しい人生を生きる宇宙法則」が何冊かのエッセンスだと紹介したが、この本も同様。
したがって、著者の本をたくさん読む気がなければこれはそのまとめだから良いかも。

トイレを掃除して必ず蓋をする。そうするとお金がやってくる。などという不思議な話も登場するが、基本は人間関係で悩む人は相手を変えようとしているから、という教えもあるし、すべてを受け容れれば悩みは消えるというのもある。

死を恐れる人には「生きているうちは生きているんだから恐れるひつようはない」[死んでしまったらもう死んでいるのだからやはり恐れる必要はない」と書いています。

苦しみや悲しみを経験した人は、普通の生活を送ることがどれほど幸せか、知っている、とも。

下手な人生教訓でなくて、日常の出来事の見方をちょっとポジティブに変えるには良い本でしょう。

2011年8月25日 (木)

某質問サイトへの回答(12)

Q、ポジティブ思考が大切なのはわかるけれど、ネガティブになってしまう。

A、
感謝するのです。
「コップに水が半分入っている」という例えがあります。

ないものに焦点をあわせるとネガティブになります。
あるものに感謝するのです。

あなたの所有物・・・それはあなたが幸福になるためにGETしたものではありませんか?
GETした瞬間から忘れてしまいますが、それはあなたが幸福になるためにやってきたのです。

感謝はいつでもできます。
たとえば、このパソコンに綴られている文字。読めない方からすれば読めることに感謝でしょう?
安くても美味しい物を食べられる・・・味覚が失われている病気の方からすれば感謝でしょう?

そうして考えると、あなたの周囲にあるものはすべてあなたが幸福になるためにGETしたものです。
幸福に囲まれているのです。

2011年8月24日 (水)

某質問サイトへの僕の回答(11)

Q、引き寄せの法則ってエゴじゃないの?「禅」がより、スピリチュアルなのでは?

A.
ご質問者様と同様に、例えば 「過去にも未来にもとらわれない生き方」ステファン・ボディアン著
の本の中で全く同じようなことを言っています。
「ディーパック・チョプラの本を読んでみましょう。すると深いスピリチュアリティの原則が非常に明快に書かれてあることに気づきます。しかしその技法や教えをいかに生かすかというところで、彼は財産を増やし、寿命を延ばすことを言い始めます。突然、非二元的な教えは、自己改善・自己啓発の教えに変わるのです」(P98)
次のページには「ザ・シークレット」の批判も書かれています。
そういう観点からすれば覚醒や目覚めと引き寄せの法則は矛盾しているようです。
たしかに、「禅」の方が”スピリチュアル”です。

一方で、禅の修業をするにしても、衣食住に不自由しない通常の日常生活ができることが前提となるのではないでしょうか?

○病気の人が健康な体を引き寄せたいと思う。
○失業中の人が仕事を引き寄せたいと思う。
○配偶者のいない人が、理想の伴侶を引き寄せたいと思う。
○借金を抱えている人が経済的に困らない生活を引き寄せたいと思う。
○家内安全を祈願して神社にお参りに行く。(これは宗教がらみなので該当する方のみ)

これらは人間として生きていく上で当然のことであって、私は「エゴ」だとは考えません。
(そういうことで、私は引き寄せの法則の質問に何度か答えています)

そしてこのコーナーの質問をながめてみると
○プール付きの家に住みたい。
○外車を10台持ちたい。
などという「エゴ」を満たす質問はほとんどなさそうです。

さて、引き寄せの法則ブームに乗って原題が「引き寄せ」となっていない本もかなりの邦訳本が「引き寄せ」というタイトルがつけられています。
それらからすると、「エゴを満たす」ように見えます。

実際には「引き寄せの法則」は
○心の法則・・・・・心の方向が宇宙に影響を及ぼす
○波動の法則・・・・自分の発した波動が自分に戻ってくる
○共鳴の法則・・・・同じ波動のものは共鳴しあう
○鏡の法則・・・・・宇宙は鏡のように自分の心を写す(ただしタイムラグがあります)
○手放しの法則・・・ネガティブな考えを手放す
などと様々な言われ方があります。

自分の生きる世界をポジティブで満たす、ということはエゴとは限りません。
例えば、祈りによって世界平和に貢献する、知人が必要としているものを引き寄せる、などです。

2011年8月23日 (火)

某質問サイトへの回答(10?)

某質問サイトへの回答、カウントしていないのでとりあえず(10)にしました。
著作権と個人情報保護のため、質問者の書き込み部分は必要最小限に削除してあります。

>頭が良くて仕事ができる男性で、幸せに一緒に暮らしていける波長の合う男性が・・

これだけで良いのですか?
引き寄せの法則は「宇宙にお願いするときは気をつけてください。実現してしまうかも知れないから」と教えています。
たとえば頭がよくてというのは「知能指数が良いだけで、ずるがしこくて、犯罪すれすれの仕事をするのがうまい」人かも知れませんよ。
容姿とか年齢とか相手の家族までしっかり書き出してください。
(なぜ書くのか?「夢は紙に書くと現実になる」ヘンリエッタ・クロウザー著/「第11番目の鍵」ロバート・シャインフェルド著 などに詳しく説明されています)

もっと具体的に。
「頭が良くて、私が質問したことはほとんど答えてくれて、年齢は私の年齢+5歳まで、身長は私より**cmくらい高くて、」・・・という具合に。
>波長の合う
というのもあいまいです。波長とは何でしょう?
スポーツの好みもあれば、政治的思想もあるし、美術館に行くのがすきかどうかも・・・、
「同じ音楽に共感できて、一緒に旅行にいって同じ景色で感動できて、食事の好みも同じで、・・・」という感じになります。

引き寄せの法則は宇宙にお願いするときはできるだけ詳細まで具体的に、と教えています。

>その時はできますが、それ以外の時間は現実の時間です。
「現実の時間」は忙しさに溺れている時間でなくて、「理想の相手を待っている時間」と思うのです。
さらに言えば、「今日はだんな様のためにどんな料理を作ろうか」と考えるのです。

>普通学力・容姿の女性で、年齢は・・
 男性としてお伝えしますが、ほとんどの男性は相手に頭の良さは求めません。(自分より頭がよければ困る男性の方が多いでしょう)
 容姿は求めるかも知れませんが(^^;--一般的に宣伝されているスマートが良い、という容姿でなくて 個人的な好みの問題です。
 年齢も関係ありません。年齢的に近ければOKです。(10歳以上離れている夫婦もたくさんいるのです)

>(こういうイメージングって、最初だけするのですか?それとも、・・
 理想の男性を引き寄せて当たり前、という感覚になるまで、時間のある限りです。
 でも本当は「引き寄せる」でなくて「理想の男性に引き寄せられる」という感覚の方がベターです。
 ベストは「理想の男性が私の前に現れて当たり前!」という感覚です。

さて、ご質問者様は「幸せな結婚」と書かれています。
理想の家庭はどんなご家庭でしょう?
毎日、ご質問者様が作る料理を喜んでくれるだんな様?
であれば料理のレパートリーは?得意料理は?・・・こういうところに矛盾があると実現が遅れます。
レパートリーとまでは言わなくても、洋食が好きな人と和食が好きな人が一緒になって、二人の好みの共通点が中華料理しかなかった、という夫婦も知っています。
野球観戦が好きな人と嫌いな人では、最初からズレます。
子どもの教育観が違ってもぶつかります。
政治的主張や経済的主張は根本的な問題です。

「ザ・シークレット」のロンダ・バーンが書いています。
ダブルベッドの真ん中に寝て、クローゼットも配偶者のためのスペースを作らずに占領していたことに気づいて、相手のスペースを作ったら、数週間後に相手が現れた、という。・・・準備できていますか?
たとえば、新婚旅行で海外に行きたいとしたらパスポートは持っていますか?その行きたい旅先の言葉の片言は話せるくらい語学を勉強しましたか?です。

また、別のある本に書いてありました。
雨乞いの儀式に参加する。最後に「あなたたちは雨が降ることを信じていましたか?」「はい」「ではどうして一人も傘を持ってこなかった?」

一番よくあるのが「白馬の王子様が迎えにきてくれないか」です。
白馬は今、日本の道路を歩いていませんし、存在そのものが絶対少数です。--そもそもこの時代に白馬で散歩する人がいたとしたら不気味です(笑)--そんな人はお断りですよね?
(間違えて宇宙にお願いすると、長野県の白馬に住む人になる可能性があります(笑))
王家の制度も日本にはありません。従って王子様も存在しません。
白馬の王子は料理も洗濯もしたことありません。「やってください」と言ってもできないでしょう。
それより、料理も洗濯も掃除も半分くらいはしてくれる、苦労の経験がある人が良いのでは?
白馬の王子でなくて「雨の日に、白い軽自動車に乗って、駅まで迎えに来てくれる優しい夫」というのはいかが?

以上で、言いたいことはお分かりいただけましたでしょうか?
「理想はできるだけ具体的に克明に」です。それがないと実現が遅れる場合があります。

==以下は数行だけ書いたものの、文字数の関係で質問サイトには載せられませんでした==
(ということで、このブログの読者のみ対象に書き改め)

明日は週2回のゴミを出す日。相手の方と、交互に当番制にしますか?
ちなみに我が家では、当番制でなくて、燃えるゴミも燃えないゴミもペットボトルも・・・とにかくゴミを出すのはずっと私です。(笑)
(こういうところもイメージングできていますか?)
これは僕が”理想の家庭”の中に「相手がゴミを出してくれる」というのをイメージしなかったからです。
ついでに書けばイメージの中に入れていなかった、ご飯を炊く、漬け物を漬ける、食器を洗う、などというのもほとんど僕の仕事です。(^^;
風呂を洗うのも沸かすのも僕。

少なく見積もって夕食の2/3を作るのも僕。(食材購入含む)
病院勤務の時に、公休の日に「いつも出来合いでは・・・」と作り始めました。
休みの日ですから、時間があります。色々なレシピを試しましたが、辻クッキングのテキストブックが良いようです。
テキストブック「西洋料理」「日本料理」「中華料理」の3種類があれば料理が苦手な人でも、レシピのとおりでそこそこ味はぶれません。何しろ僕はそれまで料理といえばインスタント・チャーハンくらいしか作ったことがなかったのですから。

最初の頃は「水溶き片栗粉大さじ2」なんていうのを間違えて「大さじ2の片栗粉」を水で溶いて八宝菜がゼリー状に・・・(^^;
カップ1を100ccと間違えて(最初に読んだ何かの本にそう書いてあった記憶が)味が濃くなったり・・・
ジャガイモを切ってからアクを抜くためにしばらく水にさらすというのも知りませんでした。
トマトの皮をむくのに熱湯につけてから、というのも、ステーキを焼くのに筋切りをする、というのさえ知りませんでした。

ということで、色々な失敗を経て、上記3種類のレシピを見ながらですが、少なくとも50種類くらいはレパートリーがあります。

今、野菜炒めならレシピ見ないで作れます。
ニンニクと葱としょうがをみじん切りにして、中華なべで熱し、香りが出たところで野菜を加える・・・・
奥様はこんなことはしません--だから僕が野菜炒めの担当になってしまう。

カレーを作るときは、刻みたまねぎを狐色になるまで・・・小麦粉は炒って炒り粉を作る・・にんにくをすり下ろして、ブーケガルニで・・
って、これも僕の担当。

未だに美味く作れないのがチャーハンです。
どうしたらパラッとしたチャーハンが作れるのでしょう?
ご存知の方は教えてください。
中華なべを充分に熱して、「黄金チャーハン」を作るために卵とご飯をあらかじめ充分に絡めています。
しかしながら、自分で中華味の元(ウェイユーとかウェイパーですね)を入れるより、インスタント・チャーハンの元の方が粉末が水分を吸ってくれるのでパラッとなるのです。
ちなみに、石焼ビビンパッならこの技法でうまくいきます。
ナムルとひき肉を買ってきて、ひき肉を炒め、色が付いたところでナムルを炒め、卵溶きご飯を加えます。充分に加熱して、最後に刻み海苔を入れます--もちろんチャーハンの元も忘れずに。(これで褒められるピビンパッ)になります。
(説明:ピビンパッの「ピビダ=混ぜる」「パッ(パプ)=ご飯」です。)

辻クッキングブックのブイヤベースも試していません。
食材が、こち1尾、めばる1尾、イセエビ1尾、・・・なんて用意できるかーっ(^^;。
でも、ブイヤベースのレトルトスープが売っているので、我が家で作れば何とか近い味になっていることでしょう。

昔、知人が「肉なしホイコーロー(回鍋肉)」を振舞ってくれました。
肉がなくてキャベツだけかよ~・・・
しかし、調味料がうまくいけば美味しいです。

って、話が大分ずれました。
料理の実験までできる、理想の配偶者を僕は引き寄せたのだろうか?

書評--スワミ・アドブターナンダ―教えと回想

スワミ・アドブターナンダ―教えと回想
スワミ・チェタナーナンダ (著), 笠原 由美子 (翻訳)
\1050 日本ヴェーダーンタ協会

この本はいくつかの原稿の寄せ集めらしく統一性に欠ける。
P111までは伝記。しかし知らない人の伝記は文章を読んでいても頭に入ってこないものです。
(しかし関係者の間では有名な覚醒者らしい--まあそういうこともあって購入したのですが)

P112-P155までは教えや問答集なので読みやすい。

どんな教えか?
いくつか検索したので興味のある方は参考にしてください。

http://bodhi62.blog111.fc2.com/blog-category-5.html
http://www.vedanta.jp/jp/contents/magazine/maga1990/maga1997/maga199706/maga19970603.html
http://www.vedanta.jp/jp/contents/publishing/jbook-c/200622/200622-00.html

僕にはしっくりこない本でした。が、amazonのレビューは1人ですが、絶賛です。

書評--3秒でもっとハッピーになる名言セラピー+

3秒でもっとハッピーになる名言セラピー+   
ひすい こたろう (著)
\1050 ディスカヴァー・トゥエンティワン

これはシリーズになっているようで、僕が読んだのは+(プラス)がついている第二弾。
第一弾は
「3秒でハッピーになる 名言セラピー」
第三弾は
「3秒でみんなハッピーになる 名言セラピー++(ダブルプラス)」 のようです。
--それぞれamazonの中古が¥100前後--

スピリチュアル系というより、タイトルどおり、癒し系です。

様々な人の名言(あまり有名でない人の言葉も結構ある、というより超有名な人は登場しない)をユーモアを交えて紹介している。
その節の最後に3秒セラピーとして、著者の一言、という形式。
小林正観などは複数登場する。

おもわずホロッとする話もあり、心温まります。1時間で読めます。

どんな文体か? 著者のブログの名言紹介を参考にしてください。
http://blog.livedoor.jp/kissei888/

本の最後に次のサイトからの引用もあります。(「夢のような毎日」というタイトルですが、短時間の検索では見つけられなかった)
こちらのHPは見やすい--ポジティブなメッセージの塊のようですが、後になるにつれて詩になってきている(^^;--まあ僕も最近は書評ばかりなので人のことは言えません。
「ルンルンななちゃんの宇宙」--デザインと名前からすると女性のようですが男性が管理人です。
http://www10.plala.or.jp/runrun-nana/
元ネタが見つからなかったので著者の「夢のような毎日」を引用しているブログも紹介しておきましょう。(著作権法上、問題あってそのうち削除されるかも)
http://ameblo.jp/suzumekun-0401/entry-10941541272.html
(そもそもの元ネタが「ルンルンななちゃん」とは限りません。同じ話をどこかで見た覚えがあります)

2011年8月22日 (月)

書評--クリシュナムルティの瞑想録

クリシュナムルティの瞑想録―自由への飛翔
J.クリシュナムルティ (著), 大野 純一 (翻訳)
¥1500 平河出版社

--絶版だが中古が半額程度--

超有名な覚醒者、クリシュナムルティを読むのは初めて。
(大型書店で、たまに手に取るのですが読みづらそうだったので)

内容は、基本的に瞑想の勧め。
もっと深いのかも知れないが、ざっと読んだところでは禅問答のような雰囲気。

勉強にはなるのだが、面白いかどうか、といえば・・・
(著者のほかの本で面白いものはあるかも知れません。初めてにしてこの本を選んだのは単に古本が安かったから。)
amazonでの評価は高いですのであちらのレビューも参考にしてください。

アートマン(神・創造主をインドではこう呼ぶ場合がある)・・・それは思考あるいは言葉によって見出せるだろうか。一時的なものによって永続的なものを見出せるだろうか。思考という絶えず変わりゆくものによってはたして、不変なるものを見出せるだろうか。」P42
「それが思考の限界なのである」P52
だから著者は瞑想を勧めている。

「善良であることと善良になることとは別々の事柄である。・・善良になるというのは善良を否定することである。よりよくなるということは、あるがままのものを否定することである。・・善良であるということは今現在におけることである」P237

書評--本当に自由になるスピリチュアルな生き方

本当に自由になるスピリチュアルな生き方―リアルに生きる、本当の自分で生きる―
マイケル・バーナード・ベックヴィズ (著), 雨宮美智子 (翻訳)
¥ 1,995 ナチュラルスピリット

「ザ・シークレット」に登場し、髪の毛を編んで独特のオーラを持つ黒人が著者。

ご存知ない方は以下の動画を。
ザ・シークレット最初の20分
http://www.youtube.com/watch?v=tl3DjHJ5gCs
「ザ・シークレット」の第二弾「モーゼス・コード」にも出演しています。(動画では予告編のみ)

「ザ・シークレット」の出演者の本も色々買いましたが、この著者の本は、昨年10月初めて邦訳され、それがタイトルの本です。
映画から数年経過して、書店で本を手に取り、表紙の写真では同一人物かどうか確信がなかったので購入を見送っていましたが、あるサイトで「ザ・シークレット」に登場した・・・とありましたので購入しました。

AMAZONの説明「この商品を見た後に買っているのは?」も参考になります。
「 15%のカスタマーが 奇跡のコース ―を購入しています
8%のカスタマーが Journey into Now 「今この瞬間」への旅―を購入しています
6%のカスタマーが いま、目覚めゆくあなたへ―を購入しています」

これらはこのブログで既に書評を書いているとおり、既読。
ということは、これは「ザ・シークレット」(引き寄せ系)でなくて、悟り系か?という疑問から読み始めました。

第1章は著者がスピリチュアルな道を目指すことになった経過。
第2~6章は自我を手放し、無限のスピリットと繋がることの説明。
第7章以下は実践編。

古代・中世から現代の覚醒した人の言葉が引用されますが、どこかの安っぽい本のように、自分の説明の足りなさを「偉人」で裏付けるのでなく、それらの方がうまく説明しているから引用している、という感じです。
その引用元が多岐にわたる。とにかく著者はかなりの勉強家であることが伺えます。

各章の説明のあとに具現化のためのアファーメーションが載せられていますが、かなりパワフルです。

愛や恩寵は既にある。だからそれに気づくだけ。というのが基本テーマ。

スピリチュアルなレベルも相当に高い。

「私たちは、世界を”救済”するためではなく、愛・絆・寛大なハートという新たなパラダイムに奉仕するために生きているのです。」P163

訳者の努力にも頭が下がります。
著者の造語や、ほとんど聞いたことのない古今東西の歴史上の人名の度に(訳注:・・・)として説明しています。
聖書からの引用もさることながら、ほとんど知らない本からの引用も可能な限り調べ上げているようです。

やはりこれは引き寄せの法則でなくて霊的覚醒のための教科書でした。
手元において、時々読み返すべき本です。

2011年8月21日 (日)

書評--生きがいをもって生きる

生きがいをもって生きる―ゆたかな人生を創造する方法 
グレッグ アンダーソン (著), 飯田 史彦 (翻訳), 丸林 鉄太郎 (翻訳)
\1700 大和書房

--絶版だがamazonの中古が¥1--買いです!(注)
(注)タイトルでamazon検索すると中古¥178が出てきます。「生きがいをもって生きる2001/8 )」
この本は著者名で検索するともう1冊出てきて「生きがいをもって生きる- 1998/2)」改訂版でもなく単に発行年月日が異なるようですので、¥1で購入したい方は著者名から検索されるとよろしいかと思います--いずれも本日現在)

バラの花が美しいのはなぜ?
単に存在しているものを「美しい」と感じさせるものは何?
それは私たちの反応?

ゴキブリはどうだろう?
僕も嫌いなのだが、実は、ゴキブリはただ生きているだけ。
バラの花もただ生きているだけ。

視点を変えてみよう。
私たちの中にもあるかも知れない。「ただ、生計を立てるために生きている」という部分が。
生きる目的がなければバラとゴキブリと人間も同じ。

===========

たまにはこれまでと気分を変えてみようと思っただけの書評の冒頭。
ここまでは本の内容と直接関係ありません(^^;

さて、「生きがい」シリーズの飯田史彦氏が監訳。
原題は LIVING LIFE ON PURPOSE。
生きる目的です。
僕もこのブログを書いていてつい忘れてしまうのが「生きる目的」。
引き寄せの法則などを研究していると、豊かさや幸福を引き寄せる方にフォーカスして、何のために生きるのか?というのは遠ざかってしまうのです。
昔は人生の目的を真剣に考え、トルストイの「人生論」をはじめ、有島武朗の「惜しみなく愛は奪う」などに心打たれる時期もありました。

この本における生きる目的とは?
「理想+奉仕×情熱=使命」
この公式を説明するためにこの本の4章全部を費やすのです。

第1章 理想
世界があなたを必要としている。「最高の状態」のあなたを。(P26)
理想はあなたの中にあり、あなたを待っている。

第2章 奉仕
ちょっと前にこのブログの書評で書いた「いい人にはいいことが起きる」の説明のようなもの。

第3章 情熱
ここでは情熱については半分程度しか書かれていない。
本質は「成功」、もしくは「成功のための情熱」。
喜びはある意味、出来事に対する「反応」。
であれば、喜びは既に私たちの魂の内にある。
そもそ内にある”喜び”を外の世界に譲り渡してはいないだろうか?
そして感謝することは喜びそのものではないだろうか? 
と、この章は成功哲学の本質に近いかも知れない。

第4章 使命
本当の幸福は自分の使命気づくこと。
世界中に立った一人のあなたという存在は、あなたにしかできない使命を背負って生まれてきた。
その使命に目を向けることが最も幸福になる道。

本文は以上4章で終わり。
その後に付録A「内なる叡智を求めて」
付録B「人生の使命に関する適正検査」がある。
この適正検査により何に向いているかという分類では、
管理の適正/職人としての適正/激励者としての適正・・・支援の適正・・・・など紹介されている。

監訳者の飯田史彦氏が絶賛するだけあって(彼の生きがいシリーズは僕も数冊読んだ)良書です。
引き寄せ本も紹介してい僕がこう言っては何ですが・・・テクニックだけの「引き寄せ」本を何冊も読むよりは、こちらを1冊読む方が人生の勉強になります。

--私の人生には使命があり、それは私が気づくのをずっと待っている--

書評--「直観力」の豊かな子どもは幸せだ

「直観力」の豊かな子どもは幸せだ―おおらかな人生のために大切なこと
ソニア チョケット (著) , Sonia Choquette (原著), 吉田 利子 (翻訳)
PHP ¥1550

--絶版だがamazonの中古が¥1--

著者の本はある意味ドリーン・バーチューよりも好きで何冊か読んでいる。

※検索する場合は著者名に注意。
正式な読み方は知らない。
ここではソニア・チョケットになっているが、ソニア・ショケットが多い。ソニア・コケットというのもある(^^;

さて、この本は直観力がいかに大切か、と子どもの直感力を伸ばす方法を細かく説明している。
直観力は人生を充実させるのに、あるいは危機回避に必要な力。
子育て中の方、特に、これから子育てをしよう、という方は是非読んでおくべきだと思う。

しかし、子育てが終わった方は、この本はあまり役立たないかも知れない。
そういう方は同著者の次のような本がお勧め。

「第六感 ひらめきと直感のチャンネルを開く方法」
「あなたのガイドに願いましょう―聖なるサポートシステムにつながる方法 」
「魂に覚醒(めざ)める旅―12週間未知能力開発 (講談社ニューハードカバー) 」
「いいことあります―「心からの願い」をかなえる宇宙の法則 」

書評--マンガで読む船井幸雄のスピリチュアルな世界

マンガで読む船井幸雄のスピリチュアルな世界
船井 幸雄 (著) 赤池 キョウコ (著)
¥1000 グラフ社

最初、「魂」とか「カルマ」を全く知らない漫画家赤池が船井氏に説明を受ける、という設定。
まあ、このあたりは超初心者向きです。
次にイヤシロチが出てくるが、これは船井氏の本を読んでいないと知らない方が多いかも。
炭を使うとケガレチがイヤシロチになるというのは知らなかった。(というか、ほんまかいな?)
さらに読み進めてフォーカス23~26(ヘミシンクですね)は地獄界などというあたりからあやしくなる。

まあ、スピリチュアルな世界を簡単に漫画でまとめようとすることに無理があるかも。

書評--幸せの法則

幸せの法則
望月 俊孝 (著)
\1000 中経出版

--amazonの中古が安い--

レイキ・ティーチャーとしても有名な著者。
「幸せの宝地図」でも有名?

著者は成功法則のイメージ化・言語化・行動化がうまくいかずに「宝地図」を作ったという。
宝地図とは写真や文字を1枚のボードに貼るというもの。(P16)
詳しくは著者の「幸せな宝地図であなたの夢がかなう」参照のこと。

また、結果と原因の法則(原因と結果の順ではない)ということも書いている。
つまり、結果に焦点を向けていると原因が創りだされてしまう、という。(P42)

人生はオセロゲームというのも新しい発想。
つまり人生の途中が暗い●であったとしても
○●●●●●
最後に「○」をおくと
○●●●●●○
   ↓
○○○○○○○
になるというもの。
途中でつらいことがあっても最後がよければそのための過程だったと思える。

そういった、人生のヒント40の項目が見開き2ページにまとめられています。

著者のHP
http://www.takaramap.com/

2011年8月19日 (金)

雑文:某質問サイトへの僕の回答

久々に某質問サイトへの僕の回答です。
質問はそのまま引用できませんので趣旨のみです。

=============

Q、引き寄せの法則をマスターしたいが、どうしてもポジティブに考えらない。どうすれば?

A、まず、引き寄せの法則は「法則」ですからマスターするものではありません。万有引力の法則と同じです。
引き寄せの法則の本質は「焦点をあてたことが引き寄せられる」ということです。ポジティブなことに焦点をあわせればポジティブな出来事が引き寄せられます。が、「無理だ」ということにフォーカスするとそれが引き寄せられます。

では、どうやってそこから抜け出すか?
「感謝すること」です。
ないものを望むのでなく、今あるものに感謝する。
健康であること、今こうしてパソコンの前にいられること、これを読める視力があること、食べるものに困らないこと・・・・
そういうことに感謝するのはできますよね?
感謝する波動を発していると、感謝することが引き寄せられるのです。

ポジティブ・ネガティブは実はコインの裏表でネガティブがあるからポジティブがあるのです。片方だけでは成立しません。
その二元性を超えたところ、つまりポジティブでもネガティブでも、「そんな風に感じる自分でOK」というところ--つまり自分を全部肯定する--このままの自分で良い--このままの自分で幸せだ、と思うとそういう出来事が引き寄せられる--ということが引き寄せの法則の本質です。

==============
Q、たくさんの人で世界平和を実現できるの?

A、TM瞑想法の創始者マハリシ・ヨーギが人口の1%の平方根の人が祈れば癒しが行えるといいました。
(人口の1%の平方根ですから例えば400人の1%は4人。その平方根ですから2人です。世界人口が64億だとすれば1%の平方根はわずか8000人です。その8000人で癒せるのです)

これを実証するために
ドリーン・バーチュー(天使関係の本を沢山書いている)
グレッグ・ブレイデン(祈りの力や意思の力など、宇宙の仕組みの本を書いている)
ジェイムズ・トゥワイマン(「ザ・モーゼス・コード」など、スピリチュアルな本を書いている)
の3人が世界中に呼びかけて、ある戦地に祈りをささげたそうです。
するとその日だけ、空爆がなくなったという記録があります。

既に、毎年大晦日のグリニッジ標準時12時(日本では午後9時)に世界中から地球への癒しが行われています。

================

Q、量子物理学で引き寄せの法則は証明できるの?

A、他の回答者の方がエイブラハムの本を勧めていますが--それは引き寄せの法則の観点からはもちろんお勧めなのですが--量子論からは説明していません。

量子論との関係では、次のような本が引き寄せの法則との関係を説明しています。
○聖なるマトリックス/グレッグ・ブレイデン著
○投影された宇宙/マイケル・タルボット著
○超次元の成功法則/ウィリアム・アーンツ他著
○成功法則は科学的に証明できるのか/奥健夫著
○意思のサイエンス/リン・マクタガート著
もちろん、それぞれが本1冊を費やして説明していますので、この少ない回答欄では説明しきれません。

>ウオルフは『ザ・シークレット』では科学的な発言が大量に削られ
「ザ・シークレット」も一つの映画なのです。つまり商業主義の傾向があります。
みなさんがお勧めのエイブラハム・ヒックスも第一作目(日本での公開は二作目)の「ザ・シークレット」には登場していたのですが、二作目からは削除されました。(ある推測者によれば「波動」と言う言葉がロンダ・バーンには気に入らなかったようです)
したがってウオルフもそうして都合の良い部分だけ使われた可能性が大です。
ちなみに「ザ・シークレット」の第二弾にあたる「モーゼス・コード」はアメリカでは売れましたが、日本ではどの会社も版権の買い取りをしませんでした。

>量子物理学的に、『パラレルワールド』が存在するならば・・・・・
バシャール的にはそのとおりです。一瞬ごとに新しい世界を創造しているのです。
「リアリティ・トランサーフィン」ヴァジム・ゼラント著 的にも毎瞬間ごとに自分の世界を選び取っているのです。
ただし、物理学でいうパラレル・ワールドそのものはまた別の話で、タイトルそのものの「パラレル・ワールド」ミチオ・カク著などを読んでみてください。

学び ランキング

書評--「稼ぎ力」ルネッサンスプロジェクト

「稼ぎ力」ルネッサンスプロジェクト 稼ぎ力養成講座Episode1 
渋井 真帆 (著)
\1400 ダイヤモンド社

--amazonの中古が¥1--

帯には「成功と幸運を手に入れる実用書」とあるが、これはいわゆる「スピリチュアル」系ではない。
どちらかといえば、ビジネスとか経営学でキーワードは「経営者人材」。
しかし、人は誰でも自分の人生の経営者なので、それなりに学びがある。

ということで、自己啓発書や精神世界とちょっとずれているのだが、読み出したら止まらず一気に読んだ。

いわゆるメンターもので、夫がメンター。
著者の夫が経営についてのレクチャーをし、そのときの記録。(どこまで本当か作り話か知らないがそれはこの本の本質とは関係ない)
お金持ちになるためには・・・と、メンターとのやりとりを物語風にしたものをいくつか読んだが、これまでで最も面白い中の1冊だった。会話が普通の読者と等身大のためだろう。

そのなかで、人生を変える4つの視点が教えられる。
'長期的・将来的視点
'全体的・マクロ的視点
'本質的・根本的視点
'多角的・多面的視点
こういう視点に立たなければ経営はうまくいかない。人生もそうだろう。

「現実は否定するものでなく、受け入れ、その現実の中で自分が利するためにはどうすればいいかを考える」P159

経営学について興味のない方でも面白く読めると思います。

書評--「いい人」には「いいこと」が起こる!

「いい人」には「いいこと」が起こる!―なぜ、ハイタッチな人は成功するのか?
スティーブン ポスト (著) ジル ニーマーク (著) 浅岡 夢二 (翻訳)
\1400 幸福の科学出版

--amazonの中古が¥1--

出版社はともかく、書籍のタイトルに惹かれて購入。
最先端の医学・心理学で「証明」されたのは愛を「与える」力。
与えれば・赦せば、健康に非常に良い効果がある、という説明がまるまる1冊を費やして説明されている。
(ただし「**大学の研究でこういう結果が出ています」というだけで、理論的な説明はほとんどない。)

ともあれ、健康面から「与える」ことの重要性を書いた本は他にないだろう。

「私たちの精神力は弾力に富み、最悪の状態でも感謝や祝福をできる能力を備えているのです」P43

心温まる話もいくつも出てきます。

===========

この本を検索していたら「ミラーの法則」というのが関連項目に出てきた。
で野口さんの「鏡の法則」のファイルに行き当たった。
本を買わずともここで読めます。まだ読んでいない方は良い話なので是非ご一読ください。。
http://coaching-m.co.jp/reportaaa.pdf

2011年8月18日 (木)

書評--心の財産になる自分を励ます50の言葉

心の財産になる自分を励ます50の言葉―マーフィー博士の法則が教えてくれる「人生の智恵」
ジィーン マーフィー (著), しまず みなこ (著)
\1300 三笠書房

--絶版だがamazonの中古が本日現在¥90--

引き寄せの法則でなくて、それが成功法則と呼ばれていたころ、僕はジョセフ・マーフィーに傾倒していた時があります。
20冊くらいは読んだでしょうか。

これはその、故マーフィーの奥さんと、マーフィー本の訳者である、故しまずこういち氏の奥さんの合作。
しまずみなこさんの文章の最後をジーン・マーフィーが締めくくる50の文章。

ジョセフ・マーフィーと異なり、ただ潜在意識の活用で願望を引き寄せることが中心ではありません。
(もちろんマーフィーの成功法則シリーズのところどころを紹介してあります。)
しまずみなこさんが、アメリカのみならず日本の事例も含め、たくさんの紹介して、心の持ち方や考え方を静かに説明している、という感じです。

成功法則シリーズではありませんが、これはこれで一度は読んでも良いでしょう。

2011年8月17日 (水)

書評--成功の絆―不思議な愛の物語

成功の絆―不思議な愛の物語
マーク フィッシャー (著), 上牧 弥生 (翻訳)
\1300 日本能率協会マネジメントセンター

--絶版だがamazonの中古が¥1--

著者の1作目が「成功の掟」。
ミリオネアになる秘訣を物語風に書いている。
で、同じ著者なので「成功の・・」としたのだろうが、原題はThe New Art of Loving。

物語の内容は付き合っていた彼女と別れるのだが、彼女をもう一度取り戻したい。
そのためには・・・
ということで、メンター(指導者)が登場し、古今東西の名言なども交えながら本当の愛に目覚めていく、というもの。

20年前のかなり古い本なのだが「今・ここに生きる」「鏡の世界」などの概念も登場。
キーワードは「人を愛するということは自分を愛すること」
物語風でそこそこ面白く読める。

雑文--写真

今回、奥様と旅行にいった北陸の高岡大仏の入口でこんなのを見つけました。
ちょっと光が反射して見づらいですが。

「夢は見るものでなく叶えるものである  なでしこジャパン主将・・・・」

Dsci0027

書評--正負の法則 一瞬で人生の答えが見つかる

正負の法則 一瞬で人生の答えが見つかる
ドクター・ジョン・F・ディマティーニ (著), 本田 健 (翻訳)
\1680 東洋経済新報社

珍しくamazonのこの書の紹介ページに動画がある。(youtubeでもいくつか著者の動画がある)

さて、著者は「ザ・シークレット」の中の登場人物の一人。
他の出演者とはちょっと語り口が違うので本を読んでみたかったんのだが、既に出版されている「お金を「引き寄せる」最高の法則」は他の引き寄せ本と変わらない印象で買う気が起こらなかった。
で、今回(2ヶ月ほど前)出版された上記タイトル本はちょっと違うぞ、という感じで購入。

冒頭は著者が宇宙の法則?と出会うまでの軌跡。これはそこそこ面白いので一気に読める。
途中から、ネガティブとポジティブはコインの裏表だから片方だけということはありえない、ということが書かれている。
「ん?ザ・シークレットの詳しい解説ではないの?」と思っていたら、
どんな出来事にもポジティブな面とネガティブな面がある、としている。
だから、ネガティブな出来事の人はそこから抜け出す糸口を与えてもらえるのだろう。
しかし、逆もまた真なり。

では何を言いたいのか、というと、「ポジティブ・ネガティブを超えたところに愛がある」ということ。
ポジティブ・ネガティブは過去と未来にあり「今・ここ」には愛しかない。
宇宙はすべて愛と光でできている。どんな出来事も愛することができるまで、宇宙は課題を与えてくれる、と。

そして後半になると、また願いを叶える方法が出てくる。
「あなたには宇宙から与えられた使命があります」ともある。

ひょっとしたらこういう本にありがちな「ディマティーニ・メソッド」の宣伝本か?
というと、これも訳者の本田健が最後にインタビューしてメソッドの紹介を引き出しているからそうでもない。

ということで、一度読んだだけでは、少なくとも僕はすっきりしません。
僕のブログもそうですが、この本も「引き寄せの法則」と「覚醒」が混在しています。

だからといってNGの本でもありません。(「引き寄せ」を学ぶには中途半端。)
一言で言えば、出来事・人生の見方をポジティブ・ネガティブよりも高い視点から学ぶという感じでしょうか。

読み直した時に、新たな気づきがあれば、また報告します。

PS
こういう本ではよく古典としてエマーソンが紹介されることが多いが、これはライプニッツを紹介している。僕も昔読んだのだが、もうほとんど記憶にないので、近いうちに読んでみることにしよう。

書評--一瞬で輝くあなたになれる本

一瞬で輝くあなたになれる本―豊かさと幸せを呼ぶ12の贈り物 はせくらみゆきヒーリングワークブック
はせくら みゆき
¥1429 評言社

--amazonの中古が¥4--

左ページに綺麗なイラスト、右ページにスピリチュアルな言葉(イメージワークの説明含)
次のページに著者の不思議体験、と言う構成で12章。

12章のそれぞれのテーマは
愛・喜び・感謝・赦し・真実・平安・信頼・美・調和・謙虚さ・永遠・ワンネス

読むというより、癒されたいときに時々開く本。

絵はきれいです。著者HPを参考に。
http://www.hasekura-miyuki.com/

書評--「心の翼」の見つけ方

「心の翼」の見つけ方   
浜口 隆則 (著)

¥1300 フォレスト出版

--amazonの中古が¥2--買いです!

読むと丁寧で誠実な文章。
メンタルブロック(思い込み)を持っていることに気づきを与えてくれる。

「長いスパンで見ると、成功と失敗は正反対にあるわけではありません。
失敗の反対は「何もしない」ことです。失敗は結果でなくてプロセス」P61

「落ち込んでしまう自分に落ち込まないでください。失敗したらへこむ。誰でもそうです。それで良いのです」P73

「嫌なことをするからお金がもらえる(という価値観は間違い)→報酬は喜ばれることに比例する」P89

amazonでネタばらしをしてしまった人もいるが、第7の習慣のミニ・ストーリーはなるほど、と考えさせられる。
(各章冒頭に、そこそこ参考になるミニ・ストーリーがある)

購入を迷われる方は「第4の習慣」の動画を参考に。
http://www.youtube.com/watch?v=roYcek0H--I

著者のHP
http://www.kigyoka.net/index.html

書評--「びっくり現象」こそ決め手

「びっくり現象」こそ決め手―真実、対処法、未来が見える   
船井 幸雄 (著)
¥1575 あ・うん

--amazonの中古も安い--

前書きを読むと、著者のHPであるfunaiyukio.comから、2005~2006年の「先週のびっくりより」をまとめたものだそうな。

http://www.funaiyukio.com/theme/?cat_1=2005&cat_4=2006&#cat_4
ここを確認するとたしかにHPそのまま。(加筆訂正はあるが)

したがって、活字で読みたい人以外は購入の必要なし。

書評--「そ・わ・か」の法則

「そ・わ・か」の法則   
小林 正観 (著)
¥1575 サンマーク出版

--amazonの中古が安い--

そ・・・掃除
わ・・・笑い
か・・・感謝

般若心経の最後が「そわか」で終わっている、というが、さすがにこじつけか偶然でしょう。

笑いと感謝は引き寄せの法則にも共通するからOKでしょう。
ただし、25000回「ありがとう」というと状況が変化する、という説明はどうかな?
ありがとう、を連発すると、神様が動かざるを得ないそうな。
「祈り」と「願い」と感謝は同じだという。

さて、掃除ですが、トイレ掃除が効果あり。
これも自称”唯物論者”が説明するから「どうやら宇宙の仕組みはそうなっているようなのです」ということで、理論的根拠が乏しい。
まあ、著者独特の説明の展開の仕方です。(別に悪いわけではない)

ところどころ参考になる記述もあります。
「まだ40歳」と「もう40歳」と考えているグループを追跡調査したら「まだ40歳」の方が長生きした、とか
平穏であることが幸せそのものなのに、何かを要求していないか、とか。

エピローグの、気持ちが通じると光が見えるという話もそこそこ面白かったです。

2011年8月16日 (火)

書評以前--シータ・コマンド

シータ・コマンド
アサラ・ラブジョイ (著), 佐藤志緒 (翻訳)
¥ 1,785 VOICE

この本は、書店で中身を見た。参考になりそうなのだが、直感が”購入しないように”と告げる。
もちろん、他の本と違ってシータ(Θ)波の状態になっていれば一度で良い、というもの。
内容の中心はアファーメーション?

「○○(願望)のためにどうすればよいのか、私にはわかりません。わかっているのはただひとつ。今その方法がわかれば幸せになれるということです」

こういう繰り返しで、願望が叶うのだろうか?と思った。

どうやらこの肝心なところが誤訳らしい。
訳者の本は他も検索したが、いくつか我が家にもある。それほど悪い訳だと思わなかった。

ということで、VOICEのHPに誤訳の説明と対応が掲載されている。
(それだけで書籍の内容もある程度分る)

購入するなら第二刷からにすべきです。

http://www.voice-inc.co.jp/store/book_last.php?genre1_code=01&genre2_code=001&genre3_code=002&genre4_code=0000000006537

2011年8月 9日 (火)

書評--幸福が舞い降りるスピリチュアルLESSON101

幸福が舞い降りるスピリチュアルLESSON101―迷いを捨て、本当の自分を取り戻すためのシンプル「直感力」トレーニング
ジョン ホーランド (著)  井原 美紀 (翻訳)
¥1000 主婦と生活社

基本的には直感力で幸福になる方法が書いてあり、
タイトルどおり、1ページごとに1つのキーワードとレッスンがある。

レッスン16
私は、最高に幸福な人生を送るために必要なものをすべて引き寄せる。

レッスン39
私はあふれるエネルギーであり、輝かしい光である。

レッスン62
私は、パワフルな「今」という瞬間を生きている。

などという感じで、アファーメーションというかその日の一言が書いてあり、その下に十数行の解説が書かれています。

くどいというか詳しい説明などはありませんので、直感・波動の法則など、一通りご存知の方が、1レッスンずつやってみる、という使い方ができるでしょう。
読む、というより、「直感」で開いてみる、という感じの本です。

============

読破量/日 の記録ができました。(精読とは言いがたいですが)

書評--100%願望をかなえるウソの法則

100%願望をかなえるウソの法則   
佐藤 富雄 (著)
\1300 幻冬舎

--絶版で中古も安いが買う必要なし。--

「口ぐせ」博士の書。
ウソというのは、ポジティブな思考だったり夢だったり、つまり現実ではない、ということ。
もちろん、罪のあるウソは良くないが、人を幸せにするウソはOK。
で、自分にも「自分は成功している」とか「幸せだ」ということを口ぐせにしなさい、ということ。
「私は若い」「私は世界一だ」。

要するに、これまでの著者の本とほとんど同じことしか書いていない。

購入するなら力が入っている初期のものの方が良いでしょう。

著者のHP
http://www.hg-club.jp/

書評--第六感―スピリチュアルパワーを磨く

第六感―スピリチュアルパワーを磨く 
Jr.,ロミオ ロドリゲス (著),
¥ 1,365  生活文化出版

--amazonの中古が¥2--

僕は見ていないが、この著者はTV番組でメンタルマジックを披露したらしい。

さて、本の内容であるが、前半は自伝。本の半分近くのページを使う必要はないだろう。(それなりに面白いが)
後半は直観力の説明と鍛え方。
後半の半分以上は潜在意識とかシンクロニシティとか他の本に書いてあること。
ということで、著者独自の説明は全体の1/4程度。

もしTV番組のメンタル・マジックで登場して興味を持たれた方は読んでも良いのでは?という程度。

僕としては同じ直観力なら次のものをお勧めします。
「直観力レッスン」リン A.ロビンソン
「第六感 ひらめきと直感のチャンネルを開く方法」 ソニア・ショケット

書評--スピリチュアルプレゼント

スピリチュアルプレゼント―まわりも自分も幸せになる秘密の開運法 
白河 伊都子 (著)
¥1100 ぜんにち出版

著者は、ある日から神様と話ができたり、霊と話ができるようになったという。
木や食べ物との話も出てくる。植物などにも波動があるのだから良しとしよう。

「私たちはみな、幸せになるために生まれてきた。だから今よりももっと幸せになれる」P25

というわけで、幸せになるための感謝の仕方や神社のお参りの仕方が説明されています。

守護霊がどうやって護ってくれるのか、なども書かれていますので、
守護霊やガイド、そして神社参拝などを受け容れる人でないと読みづらいことでしょう。

少なくとも僕は、神社に行かなくても、いつでも無条件で護ってくれる神様が好きです。

書評--ああ正負の法則

ああ正負の法則   
美輪 明宏 (著)
\1500 PARCO出版

この著者は個人的には敬遠しているのだが、amazonの評価が高いので読んでみた。
なぜか、すべての漢字に送り仮名がついていて読みづらい。と言って、抽象語も多いので子供向けというわけでもない。

==超要約==
プラスとマイナス、N極とS極・・・・この世は正負がある。
苦しいときもあれば楽しいときもある。
苦しいことは長くは続かない。その代わり楽しいことも長くは続かない。
苦しいことを経験するから普通のことに感謝できる。
お金持ちも幸福とは限らない。
いいことと悪いこと、バランスというものがあり、片方だけはありえない。
それが人生の法則なのよ。
==要約終わり==

僕としては、買って読むほどの本ではないと思います。

書評--あなたの現実は、あなたが創っている

あなたの現実は、あなたが創っている 
長谷 マリ (著)
\1200 PHP

--絶版だがamazonの中古が¥1--買いです!

レイキの解説書である「癒しの風」「レイキ解体新書」などの著者であるが、タイトルの本はレイキと関係ない。
※ちなみに「癒しの風」では通常非公開のレイキ・シンボルを公開してしまっていますが、アチューメントを受けないで使用すると危険ですのでご注意を。

さて、タイトルの本ですが、どちらかといえば女性向きの本。
出来事は単に起こっている。それに意味を加えるのは自分。
同じ出来事に対しても反応するのは自分、というのは僕もずっと書いてきたことですが。

キーワードはこれ。
「幸せになりたければ、幸せになろうという「覚悟」が必要。」
それはどういう意味でしょう?
自分の中に、幸福になるのを邪魔している観念や思い込みが様々あります。
それらを手放すことの重要性について、ゆっくり説明してくれています。

「棚からぼた餅みたいなラッキーな出来事が訪れてくれたら・・・そんなふうに他力本願になってはいけません。それは「自分の力」や「可能性」を捨てることになってしまうからです。あなたの現実はあなたが創っています」P96

「幸せになりたいと決めたなら、理屈をこねずに、言い訳をせずに、そして恐れずに、幸せになってしまいましょう」P209

付録--幸せになるエクササイズにありますが、

○「ない」にフォーカスせず「ある」に目を向ける。
これは僕も言っていることですが

○無理やり喜ぶ
というのは新鮮です。

以上、この本は「引き寄せの法則」の延長上にもありますが、思い込み・観念を変える本としても役立ちます。

書評--ハートの聖なる空間へ

ハートの聖なる空間へ 
ドランヴァロ メルキゼデク (著) 鈴木 真佐子 (翻訳)
¥ 2,415 ナチュラルスピリット

著者は独特の世界観を持っています。
「フラワー・オブ・ライフ~古代神聖幾何学」がその例。
他の本にはない説明が載っていて面白かったのでタイトルの本も購入。

前半は不思議な話が満載。
瞑想で空気をきれいにする。
コイルで大気を浄化する。それもかなり広範囲で。
目が見えないのに見える。
中国のサイキック。

後半はハートとのつながり。
瞑想ですべてと繋がっているハートの中に入る、などの説明。

わたしたちは意識というのは目の裏側にあると思っているがそれは違う。
意識を手に持っていってみよう。
意識を目の後ろから少し下げて首に持っていってみよう。

って、これが難しいのですが、そうして、意識をハートまで下げると、素晴らしい空間が待ち受けており、すべてを体験することができるそうです。
(僕はまだできていませんが)
瞑想CDも付録としてついています。

創造は、マインド(メンタル体)・感情・肉体の3つが関わって起こる。(P176)
平和を祈ると平和と戦争の両極を生み出してしまう(P177)
だからハートで創造せねばならない(P179)

スピリチュアルな世界の可能性を広げてくれる1冊。

関連動画(他にも著者の動画がいくつかアップされています)
http://www.youtube.com/watch?v=JluL3SkJwIU&feature=related

書評--スピリチュアル・ヘルス

スピリチュアル・ヘルス
フィリップ・モンローズ&ジェーン・モンローズ (著), 白川貴子 (翻訳)
\1900 VOICE

--amazonの中古が安い--

同著者による「深化版 EFTタッピングセラピー 」の姉妹編とのこと。(僕は未読)

さて、この本のamazonのレビューはない。
おそらくレベルが高すぎて理解できないためか?
かくいう僕も、魂の進化の7段階(P54)を読んで
第一段階:認識
第二段階:放棄
の間くらいの段階までしか成長していないのか、と思った。
つまり、今いる魂の段階を「認識」する。それを「放棄」して次の段階に成長する。
チャクラの本のキャロライン・メイスのいうところの同族意識から個人意識への移行です。

この本の説明では第7段階(覚醒)までの道のりが、今は第2段階?の僕には遠すぎるように思います。
(いくつかのワークというか瞑想が載っていますが、まだ読んだだけで実践していない)
色々な関係本を読んだだけではあくまで知識。
料理で言えばレシピを手に入れただけ。

中に書かれているEFTとかGTTを取り入れながら魂を成長させましょう。

ということで、この本の内容は真実の香りがします。
お勧めはお勧めなのですが、僕はこの本に書かれているレベルの高さまで行っていませんので・・・
(文章そのものは難しくありません)

書評--奇跡の絵

奇跡の絵―天使にあった人々の話
キース リチャードソン (著)  山本 章子 (翻訳)
¥1500 メディアアート出版

--絶版だがamazonの中古が安い--

アンディ・レイキ-の絵との出会いによって数々の奇跡が起こる。
この本はそれらの報告集。

プロフィールによれば著者は天使関連のグッズを販売するのが本業だとか。
ということで、文章を書くのは本業ではないので、そのせいだろうか。色々な天使体験の本や奇跡体験の本を読んできたが、これは淡々と会話をつづっているだけで、他の本と比べると面白さに欠けるかも。

ただし、「アンディ・レイキーの絵に掌をかざすと温かく感じられる」とあり、最初にアンディ・レイキーの絵がカラーで載せられており、
たしかに温かくは感じる。

ネットで「アンディ・レイキー」で検索すれば画像も見られます。

書評--神のなせる技なり

神のなせる技なり
森田 健 (著)
¥1575 幻冬舎

森田健の小説です。
著者の「不思議の科学」あたりまでは面白かったし、バシャールとの対話「未来はえらべる」も勉強になったので買ったのですが・・・
スピリチュアルを目指すにしては冒頭に残酷なシーンもあり、最初の30ページで面白さが全く伝わってこないので読むのを止めました。

2011年8月 8日 (月)

書評--生まれ変わりの村1

生まれ変わりの村1   
森田 健 (著)
\1575 河出書房新社

森田健が中国にいって、前世の記憶がある人にインタビューをしたレポートなのだが・・・

あの世で忘却のスープを勧められ、それを飲むと前世の記憶がなくなるが、飲まなければ前世を覚えている、とか、前世は牛だったとかいう話も出る。

これまで僕が読んだ本の知識では、あの世に行ったら、これまでの人生を振り返る、とかいうはずだったが、そういう話はほとんどなく、気がついたら生まれ変わっていたとか、・・・

うーん、amazonの評価は高いが、僕としてはお勧めできません。

2011年8月 5日 (金)

宇宙の真実セミナーメモ(61)

チャクラで生きる―魂の新たなレベルへの一歩

7つのチャクラ―魂を生きる階段 本当の自分にたどり着くために
キャロライン メイス (著) ,

を書評に紹介した。

7つのチャクラは霊的な学びに対応している。(P78)
第1チャクラは物質世界についての学び
第4チャクラは愛・許し・慈しみについての学び
第7チャクラは霊性についての学び

さて、ここでふと、疑問が生じた。

僕はこれまでに引き寄せの法則・鏡の法則・共鳴の法則などについて説明してきた。
でもそれって物質世界だよな、と。
せいぜい、もう少し高いレベルで、よき伴侶に恵まれたいとかいうのも第4チャクラ程度だよな、と。

ここでいう第7チャクラの霊性。それは悟りの世界だろう。
悟りは引き寄せの法則の延長上にあるのか、そうでないのか?

人生の目的が魂の向上であるなら、私たちは人生から学びの課題を与えられていることになる。
しかし、宇宙が鏡であるなら、私たちの心が宇宙にそのまま映し出されているはずだ。
ということは、学びの課題も自分で映し出しているのだろうか?

ここで、すべては自分で創造している、と仮定してみよう。
自分が住む宇宙を創ったのは自分。
時間も空間も自分の創造。
引き寄せの法則も自分の創造。
歴史上の偉人も悪人も凡人もすべて創造。
つまりはすべてイリュージョン。
お金がないと生きていけないというのも思い込み。
人生というゲームを創って自分でプレイしているだけ。

だとすると、魂の向上って関係ないことになる。
それって偉大なマスターたちの教えに反するよね?

ラマナ・マハルシは16歳で覚醒をした、という。
(氏の関係の本は高いのでまだ未購入(^^; )
彼は自分が死んだらどうなるだろう?と考えた。
もちろん、物質的に死ぬのでなく、自分の「エゴの部分」を消滅させるのだ。
そして悟った。
自分はエゴの部分や肉体でなくて宇宙そのものであることを。

ということで、マスターたちはエゴを満たすのでなく、ワンネスを目指していたのだろう。
私=宇宙であるなら、引き寄せの法則と矛盾はない。
ところで魂の向上は?

マハルシほどの説明はできないが、検討してみよう。
「僕はこの時空間にいない」
個の存在としての思考や感情はある。
しかし本質はここにいない。
本質はもっと高次のワンネスの存在であって、本質の一部が「いま・ここ」に焦点をあわせているだけ。

物質世界の「実現化」は非物質世界の「実現化」から始まる。
それはすべてはエネルギーであり、光の世界である。

すべては肯定できる、かも知れない。
ネガティブだろうが、マイナスだろうが、魂の学びの観点からなら。

ポジティブに考えなくてもすべては良いこと、というのが本当のポジティブ思考かも知れない。
すべてをそのまま受け止める、というのが魂の本質かも知れない

仕事や恋人やお金は引き寄せることができるが、喜びそのものは引き寄せることができない。
喜びは結果なのだから。

だから究極の喜びや楽しみは自分の中にある。
ある、出来事に対して喜びや楽しみを感じる、というのは、そもそも自分の中から生じるものである。
ということはそれらの感情は出来事が起こる前から自分の中に存在する。
反応は出来事に左右されなくても良いはずだ。
常に喜びで対応しても良い。

こうして魂の向上にターゲットを絞ると共鳴の法則は関係なくなる?
どちらが真実か、あるいは・・・
これが現在の正直な疑問である。

--考えがまとまらないので文体が乱れているため、書き換えの可能性があります。--

書評--思いやりのチャクラ

思いやりのチャクラ―あなたの選ぶ行動が奇跡を起こす
キャロライン メイス (著)  服部 由美 (翻訳)
\2000 サンマーク出版

--絶版だがamazonの中古が安い--

引き続き、キャロライン・メイスのチャクラ・シリーズ。
これは前の2冊と異なり、(「第8のチャクラ」は未読)著者のサイトやメールで寄せられた体験談とその解説。

天使体験や奇跡体験の本も色々読んできたが、その延長上にある。

だれでも直感がある。
直感に従って行動すると、シンクロニシティなどの”恩寵”がある。

テイク・アウトの店から出ると、食べ物をください、と物乞いに言われた。断って、家に帰ると、食べ物は腐っていた、という体験。(P72)

理性に従わず、直感に従うことの重要性をここでは述べているのだが、僕は別の見方にも広げた。
もし食べ物をあげていたら、それは腐っていなかった。
投稿者の不安や後悔が食べ物を腐らせたのか、相手のパワーなのか解らないが、買ったばかりで腐るというのは考えにくい。

別の話。
「毎日感謝することを見つけるのは僕にとってむずかしいことではなかった・・・・僕はね、僕が幸せになるように何でも与えなければならない、という重荷を神様から取り除いてあげたんだ。不思議なことに・・・いまのほうが幸せだ。」P268

先に読み進むにつれて、「奇跡」の度合いが深まっていく。
この本は著者の前の2冊を読んでいなくても読めます。
amazonに「なか見検索」があるので内容の概要はわかるでしょう。

2011年8月 4日 (木)

書評--チャクラで生きる

キャロライン メイス (著)  川瀬 勝 (翻訳)
¥1900 サンマーク出版

--絶版だがamazonの中古が¥1--

先日の「7つのチャクラ」の続編。
1冊目と少し重複があるが、これはこれで読む価値あり。
特に「7つのチャクラ」が気に入った方はこちらもお勧め。

病気と霊体の関係を書いている。
病気になるには霊的な理由もある、と。
癒されたくない人もいる、と色々説明されている。

「同族意識から抜け出していこうとするとき、必ずといっていいほど、私たちには「賢者の道」を選ぶチャンスが与えられる。すべてを手放し、人生の次の段階へと進んでいくときが来たと、まわりのあらゆるシグナルが告げてくる」P100
(同属意識とはこれまでの自分の周囲と同じ価値観で安心していること。それでは魂の成長の妨げになるので、魂は次の段階へ進ませるのだ。)
僕も、仕事を変わったときが確かにそうだった、”あらゆるシグナル”があった。それから別の仕事に行かねば体験できないことをたくさん体験して、魂の学びの場を提供されたのだろう。
この本ではないが、生まれる前に課題を設定しておいた、というのも頷ける。

集団(同族)意識があるのが第一段階。・・・自分たち、という意識。
次が個人意識。・・・出来事に対してどうして自分が?という意識。
最終段階が象徴意識。・・・この出来事が生じた理由は何?という高い視点からの意識。(P144)

こうして魂は成長していく。
第8チャクラも登場するが、今回もチャクラは霊的な説明のための手段のように思える。

最後の「白雪姫と7つのチャクラ」の説明は面白い。
白雪姫の物語は魂の成長を描いたものだ、としている。

2011年8月 3日 (水)

書評--想定の『超』法則

未来を改造する【ザ・パワー】のしくみ 想定の『超』法則
ネヴィル・ゴダード (著), 林 陽 (翻訳)
ヒカルランド ¥ 1,785

本日発売。

ここで前に紹介した「ザ・パワー」(ロンダ・バーン著)や「ザ・キー」(ジョー・ヴィターリ著)など様々な成功本の著者から高く評価されているネヴィル・ゴダードの初邦訳がこれ。
ジョセフ・マーフィーの友人。
ということで、文体はマーフィーと似たような時代のもの。

引き寄せというより、願望が実現したことを「想定」するべし、とする。
「想定」の方法がいろいろ書かれており、「想定」以外では成功しない。

内容は古くから言われているものがほとんどなので、新しい学びがあるか、と言えば、まあ、少しは・・・?というのが正直なところ。
しかし、1冊全体にわたって「想定」の重要性を書いているので、説得力はあり。
他の引き寄せ系や成功法則に書かれていない独特の書き方もしているので参考にはなる。

創造は終わっているのであなたのすべきことは「想定」だけ、という。
コツはなりたいものになりきること。
未来を引き寄せるというより、理想の未来に現在の自分が入っていく、というのが重要。

デザイン・挿絵などは「願望物質化の「超」法則(ジュヌビエーブ・ベーレン著)を書店で開いてみたが、同じような感じ。(同じ出版社だから)

2011年8月 2日 (火)

書評--7つのチャクラ

7つのチャクラ―魂を生きる階段 本当の自分にたどり着くために
キャロライン メイス (著) , 川瀬 勝 (翻訳)
¥ 1,995 サンマーク出版

--amazonの中古が安い--

この本はヒーリングの参考に、と思って奥様用の資料として並べてあったのだが、ある本で評価が高く紹介されていたので呼んでみた。

さて、この本はタイトルと異なり、チャクラの本ではなかった。
チャクラを題材に、生き方やヒーリングを説明している本。
第一チャクラの生き方は・・・・という感じなので、チャクラの勉強というより、生き方の本。
(原題はAnatomy of the Spirit--霊の分析?)

直感の大切さも詳しく述べられている。

で、読んでいて、一つの疑問が沸いたのだが、それは別の項目に入れるとして、
クライエントの豊富な例が紹介され、いろいろと参考になります。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »