« 書評--奇跡の絵 | トップページ | 書評--ハートの聖なる空間へ »

2011年8月 9日 (火)

書評--スピリチュアル・ヘルス

スピリチュアル・ヘルス
フィリップ・モンローズ&ジェーン・モンローズ (著), 白川貴子 (翻訳)
\1900 VOICE

--amazonの中古が安い--

同著者による「深化版 EFTタッピングセラピー 」の姉妹編とのこと。(僕は未読)

さて、この本のamazonのレビューはない。
おそらくレベルが高すぎて理解できないためか?
かくいう僕も、魂の進化の7段階(P54)を読んで
第一段階:認識
第二段階:放棄
の間くらいの段階までしか成長していないのか、と思った。
つまり、今いる魂の段階を「認識」する。それを「放棄」して次の段階に成長する。
チャクラの本のキャロライン・メイスのいうところの同族意識から個人意識への移行です。

この本の説明では第7段階(覚醒)までの道のりが、今は第2段階?の僕には遠すぎるように思います。
(いくつかのワークというか瞑想が載っていますが、まだ読んだだけで実践していない)
色々な関係本を読んだだけではあくまで知識。
料理で言えばレシピを手に入れただけ。

中に書かれているEFTとかGTTを取り入れながら魂を成長させましょう。

ということで、この本の内容は真実の香りがします。
お勧めはお勧めなのですが、僕はこの本に書かれているレベルの高さまで行っていませんので・・・
(文章そのものは難しくありません)

« 書評--奇跡の絵 | トップページ | 書評--ハートの聖なる空間へ »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/52430523

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--スピリチュアル・ヘルス :

« 書評--奇跡の絵 | トップページ | 書評--ハートの聖なる空間へ »