« 某質問サイトへの回答(12) | トップページ | 書評--生きる意味の探究 »

2011年8月26日 (金)

書評--この世の悩みがゼロになる

この世の悩みがゼロになる
小林 正観 (著)
¥1500 大和書房

--amazonの中古が安い。

少し前に同著者の「楽しい人生を生きる宇宙法則」が何冊かのエッセンスだと紹介したが、この本も同様。
したがって、著者の本をたくさん読む気がなければこれはそのまとめだから良いかも。

トイレを掃除して必ず蓋をする。そうするとお金がやってくる。などという不思議な話も登場するが、基本は人間関係で悩む人は相手を変えようとしているから、という教えもあるし、すべてを受け容れれば悩みは消えるというのもある。

死を恐れる人には「生きているうちは生きているんだから恐れるひつようはない」[死んでしまったらもう死んでいるのだからやはり恐れる必要はない」と書いています。

苦しみや悲しみを経験した人は、普通の生活を送ることがどれほど幸せか、知っている、とも。

下手な人生教訓でなくて、日常の出来事の見方をちょっとポジティブに変えるには良い本でしょう。

« 某質問サイトへの回答(12) | トップページ | 書評--生きる意味の探究 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/52572164

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--この世の悩みがゼロになる:

« 某質問サイトへの回答(12) | トップページ | 書評--生きる意味の探究 »