« 書評--悟りの錬金術 | トップページ | 書評--想定の『超』法則 »

2011年8月 2日 (火)

書評--7つのチャクラ

7つのチャクラ―魂を生きる階段 本当の自分にたどり着くために
キャロライン メイス (著) , 川瀬 勝 (翻訳)
¥ 1,995 サンマーク出版

--amazonの中古が安い--

この本はヒーリングの参考に、と思って奥様用の資料として並べてあったのだが、ある本で評価が高く紹介されていたので呼んでみた。

さて、この本はタイトルと異なり、チャクラの本ではなかった。
チャクラを題材に、生き方やヒーリングを説明している本。
第一チャクラの生き方は・・・・という感じなので、チャクラの勉強というより、生き方の本。
(原題はAnatomy of the Spirit--霊の分析?)

直感の大切さも詳しく述べられている。

で、読んでいて、一つの疑問が沸いたのだが、それは別の項目に入れるとして、
クライエントの豊富な例が紹介され、いろいろと参考になります。

« 書評--悟りの錬金術 | トップページ | 書評--想定の『超』法則 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/52373423

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--7つのチャクラ:

« 書評--悟りの錬金術 | トップページ | 書評--想定の『超』法則 »