« 書評--一瞬で輝くあなたになれる本 | トップページ | 雑文--写真 »

2011年8月17日 (水)

書評--正負の法則 一瞬で人生の答えが見つかる

正負の法則 一瞬で人生の答えが見つかる
ドクター・ジョン・F・ディマティーニ (著), 本田 健 (翻訳)
\1680 東洋経済新報社

珍しくamazonのこの書の紹介ページに動画がある。(youtubeでもいくつか著者の動画がある)

さて、著者は「ザ・シークレット」の中の登場人物の一人。
他の出演者とはちょっと語り口が違うので本を読んでみたかったんのだが、既に出版されている「お金を「引き寄せる」最高の法則」は他の引き寄せ本と変わらない印象で買う気が起こらなかった。
で、今回(2ヶ月ほど前)出版された上記タイトル本はちょっと違うぞ、という感じで購入。

冒頭は著者が宇宙の法則?と出会うまでの軌跡。これはそこそこ面白いので一気に読める。
途中から、ネガティブとポジティブはコインの裏表だから片方だけということはありえない、ということが書かれている。
「ん?ザ・シークレットの詳しい解説ではないの?」と思っていたら、
どんな出来事にもポジティブな面とネガティブな面がある、としている。
だから、ネガティブな出来事の人はそこから抜け出す糸口を与えてもらえるのだろう。
しかし、逆もまた真なり。

では何を言いたいのか、というと、「ポジティブ・ネガティブを超えたところに愛がある」ということ。
ポジティブ・ネガティブは過去と未来にあり「今・ここ」には愛しかない。
宇宙はすべて愛と光でできている。どんな出来事も愛することができるまで、宇宙は課題を与えてくれる、と。

そして後半になると、また願いを叶える方法が出てくる。
「あなたには宇宙から与えられた使命があります」ともある。

ひょっとしたらこういう本にありがちな「ディマティーニ・メソッド」の宣伝本か?
というと、これも訳者の本田健が最後にインタビューしてメソッドの紹介を引き出しているからそうでもない。

ということで、一度読んだだけでは、少なくとも僕はすっきりしません。
僕のブログもそうですが、この本も「引き寄せの法則」と「覚醒」が混在しています。

だからといってNGの本でもありません。(「引き寄せ」を学ぶには中途半端。)
一言で言えば、出来事・人生の見方をポジティブ・ネガティブよりも高い視点から学ぶという感じでしょうか。

読み直した時に、新たな気づきがあれば、また報告します。

PS
こういう本ではよく古典としてエマーソンが紹介されることが多いが、これはライプニッツを紹介している。僕も昔読んだのだが、もうほとんど記憶にないので、近いうちに読んでみることにしよう。

« 書評--一瞬で輝くあなたになれる本 | トップページ | 雑文--写真 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/52497789

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--正負の法則 一瞬で人生の答えが見つかる:

« 書評--一瞬で輝くあなたになれる本 | トップページ | 雑文--写真 »