« 書評--生まれ変わりの村1 | トップページ | 書評--奇跡の絵 »

2011年8月 9日 (火)

書評--神のなせる技なり

神のなせる技なり
森田 健 (著)
¥1575 幻冬舎

森田健の小説です。
著者の「不思議の科学」あたりまでは面白かったし、バシャールとの対話「未来はえらべる」も勉強になったので買ったのですが・・・
スピリチュアルを目指すにしては冒頭に残酷なシーンもあり、最初の30ページで面白さが全く伝わってこないので読むのを止めました。

« 書評--生まれ変わりの村1 | トップページ | 書評--奇跡の絵 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/52430491

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--神のなせる技なり:

« 書評--生まれ変わりの村1 | トップページ | 書評--奇跡の絵 »