« 書評--未来を創る力はあなた自身の中に | トップページ | 書評--運を良くする 王虎応の世界 »

2011年9月 4日 (日)

某質問サイトへの回答(14)

Q、現在形で言えばよい、というが「私は引き寄せている最中だ」、というのも自分にウソをついているような・・?

マイケル・ロオジェなどの本がそれを書いていますね。
本来は過去完了にすると良いのですが、自分の気持ちにウソをついていることになる。
だから「現在進行形で○○を引き寄せている最中」というのはウソではない、ということです。
しかしながら、それも疑問を持つのであれば「引き寄せている最中」というのも逆効果です。

宇宙は思ったとおりのことを創造してくれます。
参考動画(「神と対話」の著者ニール・ドナルド・ウォルシュ)
http://www.youtube.com/watch?v=VVQHy7xpNGs

ということで、「引き寄せの法則」という言葉は、本来の「成功法則」と合わないかも知れません。
引き寄せの法則の別名は
○共鳴の法則
○鏡の法則(ミラーワールド)
○手放しの法則
○創造の法則
などです。

「共鳴の法則」は同じ波動のものは共鳴する、というもの。(ドイツの成功法則です。例:ピーター・フランク)
常にポジティブな波動であれば、同じ波動のものと共鳴する。
”引き寄せ”よりもこちらの方がしっくりくるかも知れません。

「鏡の法則」は、宇宙は自分の発した波動を鏡のように返してくれる、というもの。
野口嘉則さんの同タイトルの本で有名です。

「手放しの法則」はこれまでのネガティブな部分を手放してしまう、というもの。
こちらは自分のマインドが中心ですから「引き寄せ」よりは楽に実践できるでしょう。

「創造の法則」は、自分の人生は創造する、というものです。引き寄せるのか創造するのか・・・どちらがしっくりきますか?

別の視点。
少し言葉を変えるだけで良いこともあります。
>私は多大な収入を得ている最中だ(得つつある)。
お金が自分めがけて飛んでくる。
>私は素晴らしいパートナーを引き寄せている最中だ。
私には素晴らしいパートナーが待っている。

いずれにしても納得いかなければ、「引き寄せの法則」に留まる理由はありません。

バシャールをはじめ、リアリティ・トランサーフィンなどいくつかの本は「パラレル・ワールド」という概念で他の(自分が成功している)宇宙に移行する、という考え方です。

« 書評--未来を創る力はあなた自身の中に | トップページ | 書評--運を良くする 王虎応の世界 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/52649110

この記事へのトラックバック一覧です: 某質問サイトへの回答(14) :

« 書評--未来を創る力はあなた自身の中に | トップページ | 書評--運を良くする 王虎応の世界 »