« 某質問サイトへの回答(14) | トップページ | 書評--コミック版 小さいことにくよくよするな! »

2011年9月 5日 (月)

書評--運を良くする 王虎応の世界

運を良くする 王虎応の世界
山川健一 (著) 森田健 (著) 王虎応 (著)
¥1500 アメーバブックス(幻冬舎)

対談(インタビュー)+(対談の中で出てくる用語の)用語解説の形式。
最初は王虎応の生育暦などから始まるのでテンポが悪い。

途中から六爻占術の核心に迫る。
というか、王虎応は、運命は最初から決まっている、という。
(だから占いを信じているわけですが)

そうすると、運をよくする、というタイトルと矛盾するのでは?という疑問を持ったのだが・・
90%くらいは変えられないが、少しは変えられる、というくだりがある。

まあ、良く解釈すれば、運の良い方向や時期が決まっているのでそれを知った方が良い、ということでしょうか?
五行や六神も出てくるので東洋占いの概要の説明の側面もあります。

URLは読者だけに公開されていますが、「運を良くする六爻占術無料サービス」というのが巻末にあります。
うまく検索すれば見つかるかも。
コイン3枚で簡単に占える。その結果を入力すると運の強さやラッキーな方向が表示される、というもの。

ともあれ、人生を変えることができる、と思っている方には関係ない本のようです。

« 某質問サイトへの回答(14) | トップページ | 書評--コミック版 小さいことにくよくよするな! »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/52652555

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--運を良くする 王虎応の世界:

« 某質問サイトへの回答(14) | トップページ | 書評--コミック版 小さいことにくよくよするな! »