« 書評--人生が面白くなる心理学 | トップページ | 書評--幸福の法則―それは、もう一人の「私」にめざめること »

2011年9月10日 (土)

某質問サイトへの回答(17)

Q 引き寄せの法則って科学的に説明できるの?


現代科学では未だ解明していません。

ご質問者様の疑問はニュートン力学の時代に時間や空間が伸びたり縮んだり、という(相対性理論)ことが説明つくか、ということと同じです。
現代科学は心が物質に影響を及ぼす、ということまでは解明していますが、科学的にはまだ量子力学が「観察者効果」を証明できたところまでです。

そもそも物質を超えたところのものを物質的な実験で証明しようとするのが無理です。

>一部で流行っているようなので、

流行、という意味では、イエスの時代、すなわち聖書の時代から(あるいはそれ以前のもの)です。
でも、流行ではなく、真実は時代を超えて存在しています。

電気におけるオームの法則は、エジソンの電気の研究以前からずっと自然界にありました。
ニュートンのはるか前から万有引力の法則はありました。

パスツールが細菌を発見するまで、病気は”悪魔”が憑いてなるものだとされていました。それが当時の”科学”でした。

ということで、現代科学の枠内では引き寄せの法則は証明できません。
だからと言って「引き寄せの法則」が存在しない、ということにはなりません。
現代科学&最先端の物理学が追いついていない、ということもあります。

さて、引き寄せの法則は宗教でもありませんし、ご質問者様の言われる「信仰」でもありません。
数学で言えば
Xの3乗+Yの3乗=Zの3乗
という式は数百年前に予想されていたものの、証明されたのはわずか10年前です。
だからといって10年前まで真実ではなかった、ということにはなりません。

「引き寄せの法則」は存在します。
ただし、私は名称が悪いとは思っています。
願望は、引き寄せるのではなく、創造する。
例えば「共鳴の法則(ドイツではこう呼ぶ人が多い)」が近いと思います。

« 書評--人生が面白くなる心理学 | トップページ | 書評--幸福の法則―それは、もう一人の「私」にめざめること »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/52696854

この記事へのトラックバック一覧です: 某質問サイトへの回答(17):

« 書評--人生が面白くなる心理学 | トップページ | 書評--幸福の法則―それは、もう一人の「私」にめざめること »