« 某質問サイトへの回答(13) | トップページ | 書評--未来を創る力はあなた自身の中に »

2011年9月 2日 (金)

書評--天使と妖精―ホワイト・イーグルの霊示

天使と妖精―ホワイト・イーグルの霊示
グレースクック (著)  桑原 啓善 (翻訳)
\1260 潮文社 or \1000 でくのぼう出版

ホワイト・イーグルとのチャネリング。
(シルバー・バーチの系列です)

私たちはロゴスより生じ、生まれたときから天使に守られている。
私たちには守護霊も必ずついていて見守ってくれている、と。

他の天使本と異なり、妖精についても言及している。

良い本なのですが、訳者が1921年生まれ、とある。
つまり文体が古い。たとえばこんな感じ。

「直感に従いなされ、愛しなされ。されば、貴方は道の選択を間違ってはおりません」P140

全部がこんな文章ではありませんが、こんな部分もある、ということで、抵抗なければOKでしょう。

« 某質問サイトへの回答(13) | トップページ | 書評--未来を創る力はあなた自身の中に »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/52628102

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--天使と妖精―ホワイト・イーグルの霊示:

« 某質問サイトへの回答(13) | トップページ | 書評--未来を創る力はあなた自身の中に »