« 書評--こうして未来は形成される―過去再現と未来創造の法則 | トップページ | 質問への回答(18) »

2011年10月12日 (水)

書評--幸せになる法則

幸せになる法則   
市川 善彦 (著)
\1600 長崎出版

この本は著者の「幸せを呼ぶ30個のダイヤモンド」の復刻版だという。

中卒で警備会社の経営者になるまでの自伝とその苦労の中で学んだ人生の法則、というところか。

まあ、苦労はしている。自伝も自慢にはなっていないのであまりイヤミがない。

amazonのレビューでも評価が高い。

しかし、個人的には年齢をごまかす部分や自衛隊に入隊したり、など「ちょっとこれは・・・」という部分があったので僕としてはお勧め本にはならない。

« 書評--こうして未来は形成される―過去再現と未来創造の法則 | トップページ | 質問への回答(18) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/52973104

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--幸せになる法則 :

« 書評--こうして未来は形成される―過去再現と未来創造の法則 | トップページ | 質問への回答(18) »