« 書評--気づきの成功学 | トップページ | 書評--生命の贈り物 »

2011年10月23日 (日)

書評--人生が驚くほど逆転する思考法

人生が驚くほど逆転する思考法―人は壁にぶつかるごとにチャンスに強くなる
ノーマン・V. ピール (著), 謝 世輝 (翻訳)

----絶版だがAMAZONの中古が¥1---買い!です

古典「積極的考え方の力」の著者、ノーマン・V・ピールの1987年の著書。
(1993年に亡くなっているらしい)
原題:POWER OF THE PLUS FACTOR

タイトルのとおり「プラス・ファクター」がキーワード。
気づいているといないにかかわらず、私たちには誰でもプラス・ファクターが存在する。
そのプラス・ファクターを引き出す決してあきらめないこと。

「願い」でなく目標を持つこと。
「もし・・・」と心配するのでなく「この次は・・」と考えること。(P148)

ルルドの水の奇跡(P190~)

ルルドの水で病気が奇跡的に治ったという話を聞いて、それを調査したブラントン博士に著者は聞いた。
「奇跡がおこったという人の共通点は何か?」

「もし、そういうものがあるとしたらこういうことではないかと思うんだ。
治った人に共通しているのは、みな精神的にも医学的にも行きつくところまで行った人たちだ、ということなんだ。
ありとあらゆる医学的な試みを経験し、精神的な救いを求めてきたが、どれも無駄だった、そういう人たちなんだ。
彼らは『もう充分です。あきらめました。もう何も望みません』というところまで達している。病気が治るお膳立てができたように見えるのは、この自分を無にした状態なんだな。まるで、それまでの努力や苦しみが治癒力を妨げたような感じなんだよ」(P193)

・・・・
祈りが聞きとどけられるにはどういう条件が必要なのだろうか・
まず謙虚になって、すべてを神の手にゆだねることだ。・・・自分を無にすることによって、大きな力が祈りの本人にとどくのを妨害しているものを取り除くのだ・・・(P194)

そしてこの本の良いところは、諦めなかったことで最後に成功した例や、努力の末に目標に達した例がたくさん出ていることである。

最近の「引き寄せ」本に食傷気味の方には、こういう古典的な書き方も良いでしょう。

« 書評--気づきの成功学 | トップページ | 書評--生命の贈り物 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/53067879

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--人生が驚くほど逆転する思考法:

« 書評--気づきの成功学 | トップページ | 書評--生命の贈り物 »