« 書評--バタフライ―もし地球が蝶になったら | トップページ | ワールド・ヒーリング・メディテーション »

2011年12月28日 (水)

質問への回答(19)

某質問サイトへの回答(ブログ用に、そして個人を特定できないように少し文章を変えてあります)最初から僕のblogを読まれている方にはこれまでと同じ情報です。

>「ザシークレット」、「ザパワー」、 などたくさん読みました。

たくさん勉強されたようですね。
でも申し訳ないのですが、ご質問者様が勉強されたのは、数学で言えば中学段階の数学です。
高校数学を学ぶには例に掲げられた書籍では不十分です。中学段階の数学解法テクニックをいくら勉強してもそこにとどまります。
その上の段階には「引き寄せ」を超えた「共鳴」の法則、さらに上には「創造」の法則が待っています。

>特定の人物の気持ちを引き寄せることは?
その相手と自分の心のつながりの構造を「引き寄せ」の法則の段階では説明していません。
いくら、イメージングしようが、アファーメーションを唱えようが、この世に生じる事象の根本原因の納得がなければなりません。

推薦図書です。どれを選ぶか、はamazonなどのレビューを参考に選択してください。

○BASHAR2006/BASHAR(バシャールシリーズではバシャールゴールドもまとめ的になっています)

○リアリティ・トランサーフィン(これはシリーズで現在1~4巻が出ています)/ヴァジム・ゼラント

○セスは語る/ジェーン・ロバーツ

○投影された宇宙/マイケル・タルボット

○神との対話(これはシリーズになっていて全部で10冊ほどあります)/ニール・ドナルド・ウォルシュ

○リ・メンバー/スティーヴ・ロウザー

以上が「引き寄せの法則」を含めてさらに高い次元の説明だと私が思うものです。
引き寄せの法則に拘らすにそれを超えた宇宙の法則を知りたければ

○ACIM(ア・コース・イン・ミラクルズ)--日本では「奇跡のコース」というタイトルです。
○アセンション・ハンドブック/トニー・スタッブス--宇宙の仕組みを宇宙の創世から教えてくれます。
○宇宙を乗りこなす喜び/シェラドン・ブライス--最近に出版された本です。
のあたりが参考になるでしょう。

==========
中学数学に例えたのは宇宙の法則のうち、「引き寄せの法則」はごく一部だからです。
「引き寄せ」という名前が良くないかも知れません。
「引き寄せたい」というのはまだ実現していない、という波動と同じだからです。

参考動画
(上記、「神との対話」のニール・ドナルド・ウォルシュの説明)
http://www.youtube.com/watch?v=VVQHy7xpNGs

引き寄せか創造か?
http://www.youtube.com/watch?v=Srw1n-o9-_E

ジム・キャリーのこの動画も参考になります。
http://www.youtube.com/watch?v=U0xR3qLNTbE

また、本ではありませんが、ネット上でスピリチュアルレベルの高い文章が無料で読めるところがあります。
津留晃一のメッセージ集
http://www1.ttcn.ne.jp/turu/sub3.htm

« 書評--バタフライ―もし地球が蝶になったら | トップページ | ワールド・ヒーリング・メディテーション »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/53593011

この記事へのトラックバック一覧です: 質問への回答(19):

« 書評--バタフライ―もし地球が蝶になったら | トップページ | ワールド・ヒーリング・メディテーション »