« 謹賀新年 | トップページ | 書評--奇跡を引き寄せる音のパワー »

2012年1月 4日 (水)

質問への回答(21)

Q、引き寄せの法則を実践するには?

A、
「実践」とありますが、「法則」は、たとえば「万有引力の法則」電気における「オームの法則」のように”実践”するものでなく、いつでも働いているものです。
○万有引力の法則・・・・高いところから飛び降りれば必ず下に落ちます。
○オームの法則・・・電気は便利ですが、取扱いを間違えれば感電します。

ニュートンが発見する前から、オームが発見する前から、引力も電気も存在していました。
引き寄せの法則も同様、人類の歴史が始まる前から存在していました。

「信じたこと&心から思ったことは実現する」
ただこれだけです。

注意:「願ったこと」や「望んだこと」ではありませんのでご注意を。

願ったことはほとんど実現しません。
願っている=今は手に入れていない、という波動を発しているからです。
宇宙はその波動のとおりに、「願っている状態」を継続してくれます。
いくらアファーメーションやビジュアライゼーションをしても、信じていなければ効果がありません。

現在の状態に不満を抱いていると、さらに状態が悪くなります。
逆に、無いものを嘆くのでなく、あるものに感謝するとさらに感謝することがやってきます。

つまり、「幸せである」こと。
すると宇宙はさらなる幸せを運んできてくれます。

「幸せになりたければ幸せでありなさい。」by N・D・ウォルシュ「神との対話」より

« 謹賀新年 | トップページ | 書評--奇跡を引き寄せる音のパワー »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/53657079

この記事へのトラックバック一覧です: 質問への回答(21):

« 謹賀新年 | トップページ | 書評--奇跡を引き寄せる音のパワー »