« 書評--「気づき」の物語 | トップページ | 書評--根本的な幸せへの道 »

2012年1月28日 (土)

書評--かもの法則 ―脳を変える究極の理論

かもの法則 ―脳を変える究極の理論
西田 文郎 (著)
現代書林 ¥1500 

--amazonの中古が安い--

タイトルから想像したとおり、否定的「~かも」よりも肯定的「~かも」を薦める本だった。

もしかしたらできないかも。
ひょっとしたらムリかも。
うまくいかないかも。

これが否定的な「かも」

次は成功するかも
できるかも
うまくいくかも

これが肯定的な「かも」

お釈迦様も「かも」を生きていた(P27)
・この苦しみから逃れられるかも
・苦しみを逃れる方法があるかも

なるほど、ほとんどの発明家も、成功者も可能性について考えていたのですね。

そういう意味では著者が言うようにあまりにも簡単な法則なので「どうせここから後のページは、手を変え、品を変えながら、ここで述べたことを繰り返すだけですから」P33
「今すぐ本を放り出し、肯定の「かも」を実践して下さい」P34

ということで、第一章までで内容が判ってしまった。

途中のメッセージを1つ(P161)

・なぜうまくいかないのか=WHY(原因)
でなく
・どうしたらうまくいくか=HOW(方法)
に視点を向けましょう、ということ。
このあたりは他の自己啓発書にも時々紹介されていますが。

あとがきからもメッセージを1つ(P217)

不満のある者は感謝せよ。不満は感謝に追いつけない
不安のある者は愛を持て。不安は愛に追いつけない
悩みのある者は行動せよ。悩みは行動に追いつけない

« 書評--「気づき」の物語 | トップページ | 書評--根本的な幸せへの道 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/53840898

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--かもの法則 ―脳を変える究極の理論 :

« 書評--「気づき」の物語 | トップページ | 書評--根本的な幸せへの道 »