« 書評--奇跡を引き寄せる音のパワー | トップページ | 書評なし--オール1の落ちこぼれ、教師になる »

2012年1月15日 (日)

書評--ネガティブを愛する生き方

ネガティブを愛する生き方 光と闇の法則
伊藤 美海 (著)
\1400 総合法令出版

amazonの評価は高い。が、僕の評価は低い。

全てを許そうという風潮の中で、それが出来ない人に対し、
「相手を許せないでいる自分を許すことこそが、許しの第一歩なのだ。」
こういうのは良いのです。
しかし、
電車の中で老人に席を譲るのが必ずしも良いとは限らない、とか
いじめは人を成長させることもある、とか、
ネガティブなことを肯定する例にしている面はいただけない。

宇宙の法則を説明している部分では賛成の部分もあるし、もうちょっと説明のしかたを変えればスピリチュアルな次元が高い本になると思うのだが・・・・
「耳の穴をかっぽじって、よく聞きなさい」(P185)などという、あまりにも高慢な文章は、内容はともかく、好きになれる本ではない。

僕が同じことを書くとすれば
「ネガティブな事柄もあなたの心が原因であり、それが結果となって現れたのです。そしてネガティブもポジティブもコインの裏表なのです。」
という感じになると思うのですが、
「あなたがポジティブを求めるとき、その分、地球の裏側でネガティブを背負って苦しむ人がいる」なんて文章はいくら何でも違うだろう、と思う。

まあ、僕の評価のみでなく、amazonのレビューも参考に。

著者のHP
http://www.ly-ra-academy.com/

« 書評--奇跡を引き寄せる音のパワー | トップページ | 書評なし--オール1の落ちこぼれ、教師になる »

書評」カテゴリの記事

コメント

Yeonso様 はじめましてこんにちは!

ブログとサイト、拝見させていただきました。
とてもいいですね! すばらしい洞察だと思います。

何より私にとって、Yeonse様の「書評」はとてもためになりました。 そしていい本にめぐり合うことができ、感謝しています。

書読の多さには圧巻です!

これからも楽しみにしています。(^-^)

==================
yeonsoより
ありがとうございます。
とても励みになります。
今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/53746459

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--ネガティブを愛する生き方:

« 書評--奇跡を引き寄せる音のパワー | トップページ | 書評なし--オール1の落ちこぼれ、教師になる »