« 書評--根本的な幸せへの道(2) | トップページ | 書評--魂はすべてを知っている »

2012年2月 2日 (木)

奥様は霊能者(26)

残念な相談者

ここのところ、ヒーリングの申し込みが多いので、夜も忙し気味の奥様です。
そんな中、奥様を疲れさせるクライエントがたまにおられます。
奥様が自分のブログに書くと、またその相手からクレームがつけられそうなので、代わりに僕がここで書いておきましょう。

ケース1
「霊視をしてほしい」という希望で霊視をした結果、その方には**が憑いていた。
「**が憑いていました」とメールで結果を知らせたら「なんて失礼な人なの?私にはそんなものは憑いていません!」と料金も払わず。

ケース2
「**に痛みがある。明日、大切な用事があるので何とかしてほしい」というTELで、やっとその前日までのヒーリングが終わり、ゆっくり休もうとしていた奥様。
眠い目をこすりながら、我慢して霊視をしました。
「霊が原因ではないようです。医学的な問題かも知れません」と結果を送信。
で、「誰が霊視をして欲しいと言った?痛みを取り除いてくれ、と言ったんだ」と。
ここで僕が登場。「霊が原因の場合はともかく、霊が問題でない場合は霊能者の出番はありません。痛みを取り除くといった医学的な面は、医師法第11条により医事行為は医師しか行えません。」という旨、メールを差し上げました。
また、料金は払われず。
この方は病院に行っても「誰が検査をして欲しいと言った?」とクレームをつけるのでしょうか?

ケース3
5回のヒーリングの予定なのに1回目は奥様のヒーリングの説明をよく読まずに、金属を身体につけたまま受けようとした。
結局1回+5回行わねばならなかったが料金は5回分しか支払われない。

ケース4
ファースト・ディグリーの遠隔アチューメント。
「こんなテキストでは解らない。もっとちゃんとしたテキストを送ってもらいたい」とのメール。
奥様は何度もテキストを改訂してできるだけわかりやすいテキストになるよう心がけています。
中にはテキストも修了証も発行しないティーチャーも多いというのに。
レイキの本もいろいろ紹介したのですが、不満のようです。
奥様が「では返金しますのでテキストを返してください」というと、テキストを返す気はない。料金は返さなくていいからちゃんと教えて下さい」

ここでまた僕が登場。
「アチューメントに限らず、八百屋で大根1本買うのも厳密に言えば民法上の契約行為です。
契約は対等の立場で双方の合意のもとに成立します。
あなたがテキストを気に入らなかったので合意は成立しなかったため、法律的には契約は無効です。
したがって、当方は返金し、あなたは法的にテキストを返す義務が生じます」
結局、テキストは送り返されたが、当方の送金手数料とアチューメントその他の時間が無駄になった。

もちろん、見えない世界を信じて奥様を頼ってくる9割の方は良い方です。
が、大勢のクライエントですと、たまに以上のようなケースの方もいらっしゃいます。

そういうケースは、自分勝手であったり、自分の不幸を人のせいにする方です。
「親が悪いから自分はこんな性格になった」と長い生育暦まで知らせてきたりします。
一生、親のせいや他人のせいにして生きていくのでしょうか?

と、ここまで書いて僕も気づきました。
今の職場は労働条件が悪いのですが、それに不満を言っていました。
自分の待遇を会社のせいにするのでは、僕も精神的にマダマダですね。
自分に生じる出来事のすべての責任は自分にある、と言っているのに・・・
そのことを反省しました。

« 書評--根本的な幸せへの道(2) | トップページ | 書評--魂はすべてを知っている »

霊能力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/53885223

この記事へのトラックバック一覧です: 奥様は霊能者(26):

« 書評--根本的な幸せへの道(2) | トップページ | 書評--魂はすべてを知っている »