« 書評--降参のススメ | トップページ | 書評--サイレント・パワー―静かなるカリスマ »

2012年3月 5日 (月)

書評--随神(かんながら)

随神(かんながら)―意識の扉を開く鍵―
阿部敏郎  著
¥1869 ナチュラルスピリット

著者の本はこれ以外は全部読んだはずなので、気になっていた残りのこの本。
阿部さんの他の本はお勧めなのですが・・・・

うーん、「聖なる予言」のマネか、「オグ・マンディーノ」の形式か?といったところ。
最後にまとめとして、悟りへの「7つの鍵」が出てきます。

著者の他の著書は読みやすいのですが、創作ストーリーは向いていないかも。
と思うのも、僕が、物語風があまり好きでないだけかも知れませんが。
創作と実話が混ざっていて、ポイントが読みづらいです。

でも物語風が好きな方はおそらくOKでしょう。

お勧め度★★☆☆☆

« 書評--降参のススメ | トップページ | 書評--サイレント・パワー―静かなるカリスマ »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/54147071

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--随神(かんながら):

« 書評--降参のススメ | トップページ | 書評--サイレント・パワー―静かなるカリスマ »