« 書評--マトリックス・エナジェティクス2(その2) | トップページ | 雑談--質問への回答(2) »

2012年4月27日 (金)

書評--マトリックス・エナジェティクス2(その3)

この本の最後の1/3と同じような文章はどこかで読んだ気がする。
先日紹介した「マネーゲームから脱出する法」も紹介されているから似ているのかも?
ともあれ、「現実」を変える仕組みです。

==久々の超要約==

現実を変えたい?
簡単だよ、「現実」なんて存在しないのだから。
量子物理学によって、あなたはあなたが観察したいものを見ているだけ。
変えたければあなたの見方を変えれば良いさ。

パラレルワールドの理論によれば、無限のバージョンのあなたが存在する。
どうして今のバージョンの自分に拘る必要があるのさ?

今の問題から抜け出したい、なんて思ってはだめだよ。
それは「問題」を認めていることになるから。
そこから離れ、ゆっくり観察する。
「理想の自分」のバージョンに焦点を合わせる。
そのテクニックはヒーリングの手法である「ツー・ポイント」で説明している。
ツー・ポイントとは、満足できない部分が1ポイント。2つめはそこと関連ある、とあなたが感じる場所。
その2つのポイントを変換させてしまえばOK。

タイムトラベルでもOK。
量子物理学では時間の流れは、過去→未来 なんて証明できないとされている。
不具合が起こったら不具合の原因まで時間を戻れば済むことさ。

あなたの考えるとおりの現実が目の前に展開される。

では守護霊や守護天使が存在する世界に生きたいか、存在しな世界に生きたいか?ということに集約されるよね?
私には守護霊や守護天使がたくさんいて、いつも手助けしてくれる。
助けがない世界に住んでいる人が多いけど、僕の世界にはそういったガイドたちが存在する。(ガイド付きのツアーとガイドなしのツアーではどちらを選ぶ?)
どちらも真実なんだよ。

==要約おわり==

ということで、リコネクション、シータヒーリングに続く、第3のヒーリングとかかれています。
「まさに変容のテクニック」だとか。
この本の最後の方で(僕なりに)少し疑問が生じたので、理解の助けに「マトリックス・エナジェティクス1」も購入することにしました。

« 書評--マトリックス・エナジェティクス2(その2) | トップページ | 雑談--質問への回答(2) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/54572820

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--マトリックス・エナジェティクス2(その3):

« 書評--マトリックス・エナジェティクス2(その2) | トップページ | 雑談--質問への回答(2) »